FX初心者

FX業者のAブックやBブックの特徴や体験談

FX業者のAブックやBブックの特徴や体験談

FX業者を大きく分けると「A-Book(Aブック)」と「B-Book(Bブック)」があります。
これはFX業者の注文時処理方法の違いのことを言います。

突然ですが、FX業者ってどうやって利益を上げていると思いますか?

FXとはいえ仲介業なので誰もが「手数料=スプレッド」だと思うかもしれません。
それらの業者は結果的にAブックです。

一方で国内業者だと最近ではスプレッドゼロの業者もありますよね。

「これで利益が出るんかな~?」と思うかもしれませんが
実は手数料以外の方法で主利益を得ているから可能なんです。

これらの業者が結果的にBブックです。

Aブック業者は手数料が主な収益源

ご存じの通りFX業者の多くは手数料が無料の代わりにスプレッドが開いています。

このスプレッド部分が手数料と同等であり、業者の利益でもあります。
Aブックと言われる業者は、この手数料を主な利益としている業者です。

Aブック業者では、お客から注文が入るとそのまま注文をインターバンク市場へと流し、対価として手数料を受け取ります。その際、私設取引所を介すECN方式と業者が一旦決済(呑む)し、瞬時にカバー先に注文を出すSTP方式とがあります。

どちらにしても業者は手数料で利益を得ているので損をすることなく、お客にはどんどんトレードをしてもらいたいわけです。ただ手数料収入を目的としているのでスプレッドは自然と広く設定されています。

Aブック業者の特徴・意図的なレート操作がない
・出金トラブルが少ない
・スプレッドが広い
・スリッページが発生しやすい

お客の損失が主な収益源のBブック

B-book業者は、インターバンクに流さないOTC方式を採用しています。

つまり、お客とBブック業者が直接取引しており利益相反の関係です。

たとえば、お客が買い注文を出し、それをBブック業者が買い取る仕組みでレートが上がり決済すれば、お客は利益を得ることができますが、買い取ったBブック業者は損失が発生します。

常に注文決済(呑んでる)していることからBブック業者のことを通称「呑み屋」と言います。

Bブック業者を利用する多くのお客が勝てば業者は損をしますが、トレーダーの9割は負け組なので自然と利益が出る仕組みです。一方で大ロットで大金を稼ぐトレーダーには利用して欲しくないため、スリッページを発生させ約定拒否したり、意図的にレートを操作をするなどの妨害行為があります。

なかには難癖をつけて口座を凍結されることも珍しくありません。

Bブック業者の特徴・注文が約定しやすい
・利益を出すと口座が凍結される
・スプレッドが極端に狭い
・お客に不利な妨害行為を行う

国内業者の多くはBブック

Bブックの特徴を見て気づいた方も多いと思いますが、国内証券(業者)は全てと言ってもいいくらいBブックで、インターバンク市場には資金を流していません。

顧客が負けた資金を社内のディーラーが運用しているだけです。
もちろん運用の利益は業者の利益でトレーダーに還元するわけではありません。

なぜ流さないのか?

9割の個人投資家が負けている実情なので、その相手が国内業者ではなく、海外トレーダーであれば日本国から資金が海外に流出することになり、それを食い止めたい狙いが政府にあると推測しています。

周りのトレーダーの体験

自分の周りのトレーダーもFXを始めた頃は国内業者を利用していましたが、利益が出だすとスリッページが多発したり、不利な条件で約定したりと妨害行為を受けていました。

そして最後には「システムに負荷を掛けた」とのメールが届き口座を凍結されました。

幸い出金はできましたが、スキャルピングをしていたわけではなく、短期間に資金が増えたため業者も「このまま放置したらヤバイ」と思ったのでしょう。

夫婦トレーダーの例

FXセミナーで夫婦でFXトレードをしている方に出会いました。

そこで聞いた話が、同じ国内業者を利用しているのに2つのMT4で比べると「レート表示が異なる」という驚きのことを聞かされました。

詳しく話を聞くと口座資金が1千万円を超えたあたりからレート表示が可笑しくなったと・・・
たとえサーバーが異なっても提示されるレートに差はないハズです。

明らかに意図的なレート操作が行われている証拠ですよね。
さすがに口座から資金を抜き別の業者に乗り換えたということでした。

海外業者もBブックが多い

国内業者の多くはBブックですが、一方の海外業者はというと実はBブックが多いんです。

多くの日本人が利用するXMやAxiory、TaitanFX(タイタンFX)もBブックで、Aブックは一部の業者のTradeviewやFXOPENなど限られています。また、AブックとBブックを併用しているケースが多いです。

海外業者で知名度が高いところだとBブックだからといって国内業者のような不利な境遇は起こりにくく、大きな利益を上げても口座凍結や出金拒否などのトラブルも自分の周りでは起こっておらず、安心して利用できています。

まとめ

Aブックの方が良くてBブックは悪いというわけではなく、Bブック業者でも口座ごとに資金額や勝率などによって扱いが変わる印象です。

恐らくですが勝ちトレーダーの口座はAブックにし、負けトレーダーの口座はBブックにするなどの操作が入っていると思われます。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。