自動売買

FXでのEA(自動売買)運用の注意点やコツを紹介

FXでのEA(自動売買)運用の注意点やコツを紹介

最近は様々なEA(自動売買)が登場し、無料 or 有料あわせると相当な数になります。

EA(自動売買)のメリットはFXの知識がなくても、MT4の基本的な使い方を多少わかっていれば簡単に利益を出せる点にあります。

一方ですべてをEA(自動売買)任せにしてしまうと資金が解ける可能性が高いので、多少裁量を加える必要があります。ただ裁量と言ってもEA(自動売買)の稼働を停止したり、トレンドが逆になり残ったポジションの損切が殆どです。

EA(自動売買)によってはパラメーター設定の数字を変えることでエントリータイミングを調整できるものもありますが、初心者の利用を前提としているので殆どがデフォルト設定で使用できます。

それ以外にもEA(自動売買)の運用にはコツがありますので紹介していきます。

EA(自動売買)の設置

EA(自動売買)を稼働させるには自宅のPCもしくは、VPSを準備する必要があります。

自宅PCの場合はEA稼働中はPCの電源を切ることができないので、抵抗がある方はVPSを契約し、設置することになります。

自宅PCに設置する方法は下記ページを参照されてください↓

1口座のEA稼働数

設置する際のコツとしては、1口座につき1つのEAで稼働させることです。

1つの口座に複数のEAを稼働させることはオススメしません。
理由は稀にEA同士が干渉する可能性があるからです。

自分自身もEAを利用してた当時、資金効率が良いと思ったので1つの口座に3つくらいEAを稼働させていました。各EAともロジックが異なるので、同時にポジションを持つことは少なかったし、幸い干渉することもありませんでした。

ただ、今思えば運が良かっただけかもしれません。

EA干渉の実話同じように運用していた周りのトレーダーのなかでEA同士が干渉し、1つ目のEAがエントリーすると別のEAが決済するという行為を何十回も繰り返して、朝起きたら数百万円もの損失を被った方がいました。

原因を突き止めようとEA開発者に問い合わせしましたが、他のEAを同時に稼働させることを想定しておらず、補償の対象外で結果的に損失を受け入れるしかありませんでした。

このようなことが起こる可能性があるので、1口座での複数稼働は避けましょう。
これは自宅PCだけでなく、VPSでも同様です。

複数のEAを利用したい方は、EAの数だけ口座を準備しましょう。

裁量トレード用の口座でEAを稼働する場合も間違えてEAのポジションを決済する可能性がありますので口座を分けた方が安心です。

有線LANを使用

VPSを利用する場合には関係ありませんが自宅PCでEAを稼働する際には、当該PCのネットへの接続は有線LANを使用しましょう。

WiFiでも問題なくEAは稼働しますが、WiFiだとティックが有線LANと比べ減少する可能性もあります。ティックが減少すれば本来ならエントリーする場面でもエントリーできなかったということも考えられます。

実はEAは環境によって同じEAでも結果が異なります。エントリーや決済タイミングが遅れてしまい不利な条件で約定することもありますので、できるだけ稼働中のPCに負荷が掛からないよう他のアプリやソフトの利用は控えます。

また、複数のEAを自宅PCで稼働させたい方は、できれば1つのPCにつき1つのEA稼働が望ましいです。しかし、複数台のPCを準備できない方はVPSを借りるか、もしくは1台のPCに複数の口座の異なるMT4を同時起動させ運用されてください。

MT4の同時起動の方法については下記ページをご覧ください↓

稼働PCの対策

EA稼働中はPCの電源を落とすことはできず、またMT4も閉じることができません。
長期間電源を入れっぱなしの状態となり、ノートPCでの運用だと発熱により故障のリスクが高まるので、必ずノートPC用クーラーをご利用ください。

そして、もう一つ問題になるのがwindowsの自動アップデート機能です。

ご存じの通りwindows10以降では自動アップデートが実行され、PCが自動的に再起動されます。対策としては自動更新を無効化するか、再起動する時間や日時を事前に指定するしかありません。

できれば相場の動きが少ない時間帯や土日などの休場に指定してください。また、PCのメンテナンスのために自動アップデートがなくても相場が休みとなる土日には、PCの停止や再起動を実行してください。

>>自動更新を無効化/停止する方法はコチラへ

まとめ

・1口座につき1つのEAの稼働。
・複数EAを利用するならEAの数だけ口座を準備する。
・自宅PCで運用する際は1台に付き1つのEAが理想。
・ノートPCで運用する場合はPC用クーラーを利用する。
・windowsの自動アップデート機能による再起動に注意する。
・週に1回相場が休場となる間に運用するPCの停止や再起動を行う。

最低限これらの点に注意して運用しましょう。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。