自動売買

2022年12月コピートレード「PAMM」の運用実績

2022年12月コピートレード「PAMM」の運用実績

9月後半から運用を開始したコピートレード「PAMM」の12月の運用実績の結果です。

勝率:55.26%(21勝17負)
月利率:-11.42%(12万円から運用開始)
利益額:-13,709円
運用開始からの利益額:-4,883円【-4.07%】
(2022年9月22日から運用開始)

 

先月のトレード日数は10日と先月の12日よりも少なかったです。

ただ先月に引き続き月ベースで負け越しとなってしまいました!
2ヶ月連続での負けは運用を開始以来初めてですね。

前回途中経過を記事にした後に大きめの損切が連続しました。

いや~どうしたんでしょうかね~?
さすがに12月は巻き返すと思ってたんですが・・・

たしかに去年前半はドル高による大きなトレンドが発生しドルをロングさえすれば、多少含み損を抱えても耐えていれば利益になったやりやすい相場でした。ただ、後半はボラは変わらず年末においては、方向感のない通貨ペアが出始めていました。

運用しているPAMMは積極的にポジションを取るタイプなので、それが逆に仇になった可能性はあります。ちなみにPAMMには、第一弾と第二弾があり運用しているのは第一弾の方です。

第一弾PAMMは年間ではプラスで終わっています↓(運営者からの提供資料)

*運営者の発表する結果と当サイトでの結果は区切る期間が異なりますので若干異なります。
(当サイトは月ベース、運営者は週単位での集計です。)

去年9月以前から参加された方は、トータルでもまだプラスになっています。
それ以降に参加された方は、第一弾PAMMはマイナスです。

ただ全体的にまだ資金の-4.07%なので、今月で十分巻き返せます。
PAMMは長期運用タイプなので、もう少し様子を見たいと思います。

「PAMM」の参加方法や詳細に関しては下記ページをご覧ください↓

>>第一弾PAMMの参加方法はコチラへ

まとめ

これまで利用者が参加してきたBANDコミュニティーですが、12月途中からオープンチャット形式に変わりました。

これより参加者同士の成績や最新情報の共有がより活発になっています。

運用者からのコメントは特にありませんが、一喜一憂せずに長い目で運用するのがPAMMのコツです。

>>第一弾PAMMの参加方法はコチラへ

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。