仕組み

ショートカバーってよく聞くけどどういう事?

ショートカバーってよく聞くけどどういう事?

ショートカバーってよく聞くと思いますがどういった事なのでしょうか?

ショートですから売りですよね
売りをカバーする?

売り増しするのかな?
実をいうとだいぶ前ですが、ショートカバーって本当に売り増しの事だと思っていました 笑

ショートカバーは売りポジションを持っている人達が利益確定する事により上がってくる事を言います

ショートポジションの説明

ショートカバーをトレードに生かすには?

ショートカバーをトレードに生かすにはどうやって行えばいいのでしょうか?

例えば下記はオープンポジションをAVAトレードJAPANのワールドポジションで表示しています

ポンドドルのオープンポジション

この時にオープンポジションの量を覚えておきます
ペンディング・オーダー(指値注文)も当然ながら見ておきます

ここから下がっていくと、現在位置の下にも売りポジションを持っている人も多いので、利確によりショートカバーが入りやすくなります
もしも、中期でも下目線であればショートカーバー後の戻り売りを狙えます

この戻り売りを狙うためにショートカバーが入っているかどうかと相場を読む必要があり、それをわかりやすくするのがワールドポジションです
ワールドポジションについては、下記が説明ページとなります

ポンドドルは、今週は大きなイベントが3日間ありますので予想が難しいですがショートカバーが起きてから戻り売りを考えている方も多いようです

ショートカバーはショートカバーに乗って買う事も出来ますし、戻り売りを狙う事も出来ます

ポジションを見るのはワールドポジションが3分間隔で見やすいですが下記のサイトでも知る事が出来ます

〇ザイFX

〇OANDAラボ


〇トレーダーズウェブFX

〇外為情報ナビ

実際に使用していないポジション情報は他にもありますが、児島は上記4サイトを巡回しています
当然ながら時間差やオーダーの差はありますが、やはりおすすめはワールドポジションですね

ワールドポジションは3分毎ですし、周りに成功者が多いですからね

ショートカバーはかなり使える考え方ですので、意識して考えて実行してみてください
きっといい結果が訪れると思います

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。