トレード手法

上位足と下位足が揃う時だけエントリーする手法

上位足と下位足の向きが揃ったエントリーの意味とメリット

FXフレンズの高木です。

買いと売り。
選択肢は2つしかないFXですが、何故か思うように勝てない。

そんな時は、より優位性の高い方に目線を固定してみて下さい。

余分な負けを減らすのに繋がりますし、比較的スムーズに含み益を増やせます。

それが上位足のトレンドに沿った下位足でのエントリーです。

FXで「全ての値動きを取ってやろう!」と欲張るのは厳禁です。
判断に迷う難しい場所で勝負する必要はありませんし、分かりやすい場所で勝ちを重ねれば利益を残せます。

その為に上位足のトレンドを確認(環境認識)して、下位足でタイミングを図ります。

上位足が上昇トレンド → 下位足で買いエントリー場所を探す
上位足が下降トレンド → 下位足で売りエントリー場所を探す

上位足と下位足が同じ方向を向いた時が、優位性の高いエントリーとなります。

この手法だとエントリーチャンスは多くありませんが、上位足のトレンドに乗っているので獲得pips数が見込めるのがメリットです。

上位足で買いか売りか目線を決める

高木はデイトレメインなので、上位足でトレンドを確認する際に1時間足しか見ません。
エントリー場所を探すチャートは5分か15分足です。

上位足はどこまで見ればいいの?と疑問に思う人もいますが、4時間足や日足まで見る人もいるので個人差があります。

下記の記事でも触れていますが、時間足はMTF分析で沢山見るほど混乱する場合が多いので、自分なりの試行錯誤が必要です。

トレンドの確認方法については高木も様々な方法を試しましたが、「1時間足+5分又は15分足」の組み合わせが個人的に使いやすかったので、今の所はこのパターンを使う事が多いです。

パソコン画面の1つはこんな感じです。
高木のパソコン画面の1つに表示しているチャート

表示しているのはユーロドルとドル円だけです。
画面左側に環境認識用の1時間足、右側には5分足か15分足をその時々で変えながら表示しています。

最近は初心に戻って、あえてインジケーターは表示させていません。
たまに短期足の方にボリバンを表示させるぐらいでしょうか。

あ、AVAでしか使えないワールドポジションは入れてますね。

上位足には反応する事多い200SMAを入れていますが、これだけをエントリー根拠にはしません。
あくまでダウで現在のトレンドを見て、買いか売りかの目線を固定するだけです。

ダウの基本は下記の記事を参考にして下さい。

 
個人的に上記の記事内容に「押し安値・戻り高値」の概念を加えて、上位足のトレンドを見ています。
押し安値・戻り高値って何じゃ?という方は、下記の記事を参考にして下さい。

ダウ理論はトレンドを見るために必須とも言える知識なので、ぜひ上記の内容は覚えておきましょう。

 

 

下位足チャートの見方

画面左側の上位足でトレンドが上か下を確認。
それ自体はそんなに難しくないと思います。

もう一度、先ほどのチャート画像を見てみましょう。
ユーロドル・ドル円の1時間足で目線を決める

ユーロドルがだらだら上昇していますが、ドル円と共に目線は下です。

売りで目線を決めたので、下位足でエントリーできそうな場所を探っていきます。

この時、無理してエントリーしてはいけません。
エントリーチャンスを待つのが大事です。

何を待つのかと言えば、下位足でも下降トレンドに転じるサインです。

下降トレンドでも一直線に下がり続けるのではなく、利確の買いや逆張りの新規買いが入る上昇局面が必ずあります。

しかし結局は上位足の大きなトレンドに収束するので、再び下落が始まります。
その転換サインに早く気付いてエントリーできれば、上位足のトレンドに乗ることができるのです。

で、その転換サインとなるのがWトップ、ヘッドアンドショルダー、ピンバー、はらみ足、包み足といったローソク足の形状です。

それぞれの解説については、下記の記事を参考にして下さい。

またピボットやラウンドナンバー、サポレジなどの抵抗での反発もチェックします。

最も分かりやすいのが、抵抗でのWトップやヘッドアンドショルダー等のトレンド転換サインです。
そしてトレンド転換した価格の上に、上昇を阻む意思を感じる大きな売り注文が控えているとベスト。

ただしこれはワールドポジションが無いと確認できません。

ワールドポジションを上手に活用すると、以下のように仲値トレードで80pips獲得できるチャンスもあります。

オーダー状況が見れるのは間違いなく有利なので、ぜひ利用して欲しいと思います。

 

 

エントリー事例

ユーロドルは上位足が下落、下位足がダラダラ上げだったのでエントリーは見送り。

ドル円でのエントリー場所を示したのが下記の画像です。
上位足のトレンドに沿った下位足でのエントリー事例

目線は下なので、下位足で売り場のチャンスが来るのを待ちます。

3/25の日本株が始まる前にエントリーをしました。

・金曜にNYダウが下落して終わったので、その流れを引き継いで日本株とドル円も下がると想定
・直近高値を抜けなかったので上昇は弱いと判断

仮にこの判断が間違っていたとしても、直近高値付近にストップを置けばリターンに対するリスクは限定的なので良しとしました。

順調に利益が乗ったところで、荷物が届いたので利確。
第二利確目標までは引っ張れませんでした…

子供が最近ドハマリしているアニアの玩具をAmazonで頼んでいたのでw

今回のトレードでは、ヘッドアンドショルダーやピンバー等の分かりやすい転換サインは出ていませんでしたが、それまでの下降の流れを意識していたのでエントリー場所が見つかりました。

また、前日にドル円としては大きい100pipsも動いているので、レンジになる事も想定していました。

そうした想定を加味して、優位性の高い場所でエントリーできたかなと。

 

今回の手法は上位足と下位足のトレンドが揃うのを待つ必要があるので、トレードチャンス自体はあまり多くありませんが、上位足に沿ったトレードなので、獲得pips数が伸ばしやすいのがメリットです。

安易な逆張りで負けてしまう方や、ゆったりトレードしたいな~という方に、手法の1つとして利用して頂けたらと思います。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。