FX初心者

勝ち組トレーダーと負け組トレーダーの違いについて

勝てるトレーダーと負けるトレーダーの明確な違い

勝てるトレーダーと負けるトレーダーの違いって何だと思いますか?

持っている手法の引き出しの数?
トレーダーとしての経験?
過去チャートの検証数?

色々な違いが思い浮かぶと思いますが、正解は1個だけよ!という訳ではないので、どれも正解といえば正解。

しかし勝てるトレーダーと負けるトレーダーで決定的に違うのは「チャンスを待つ忍耐力」です。

トレーダーは待つのも仕事、なんて聞いたことありますよね。

高木はFXの経験を積むにつれて、その意味するところが徐々に分かってきました。

あ、別に壊滅的に読解力がないから理解不能だったのではありませんよw
深い意味が論理的に分かってきて、腑に落ちたという意味ですので。

 

チャンスを待つ意味を本当に分かっていますか?

(勝てる確率の高い)チャンスを待つ。と言葉にするのは簡単です。

でもその待つべきチャンスって、一体どこ?と疑問に思いますよね。

そこでトレーダーのスキルの差が出てきます。

「このチャートパターンだと、勝てる確率が高い!」
「このオシレーターがこうなって、チャートがこうなると負けなし!」
という引き出しを沢山持っているほど当然チャンスが多くなります。

つまり…鉄板のトレード手法の数=チャンスの数、と言い換えられます。

鉄板手法の数が多ければチャンスを待つ時間は短くなりますし、鉄板手法の数が少なければチャンスを待つ時間は長くなります。

ただし相場の動きは不規則なので、毎日決まった時間にチャンスが来る訳ではありません。
1日に3回チャンスが来ることもあれば、3日間チャンスが来ないこともあります。

じゃあFX初心者は厳しいじゃん!と諦めないで下さい。

この記事を最後まで読めば大丈夫です。

チャートパターンでもオシレーターでも判断基準は何でもいいです。
「これなら高確率で勝てる!」という自分なりの勝利の方程式。

その方程式がぱちっとハマるチャンスを見分けられ、そしてその時が来るのを待てるのが、勝てるトレーダーの特徴です。

 

エントリーしない決断ができるか

「チャンスを待つ」という言葉の裏には「チャンスかどうか分からない場所を避ける」という意味もあります。

あなたも一度は経験ありませんか?
判断に迷う微妙なとこだけど、エントリーしてみるか…と軽い気持ちでエントリーして負けた事。

本当はエントリーは見送るべき局面だと頭では分かっているけど、ちょっと軽く取りたいな~と欲を出している状態です。
そういう場合、エントリーしても良さそうな根拠を無理やり探し出しているので要注意。

その状態をチェリーピッキングと言います。

Wikipediaによるチェリーピッキングの解説

つまり、自分の行動を正当化できそうな要因だけを見つけ出す事です。

チャートで表現すると以下のようなイメージです。
チェリーピッキングによって安易なトレードをするイメージ

急騰したシーンを見つけて安易な逆張りを目論む場合、上記の画像のような心理状態になっています。

ただし上位足のトレンドを確認済みで、論理的に優位性のある逆張りであれば問題ありません。

目の前の値動きだけを見て「折角だからトレードしたい…」という欲求が強すぎる場合、心の中の本音を正当化する理由をチェリーピッキングをしてしまいます。

その結果…
チェリーピッキングによって安易なトレードの結果のイメージ

安易に逆張りエントリーした場合は、再びの上昇を前にして損切りするかあたふた考えてしまうのがオチです。

もしくは焦って両建てなんて始めると、ドツボに嵌まる可能性大ですw

明確な損切りの基準を持たずにトレードをしている時点で、勝てるトレーダーとは程遠い内容です。

FX初心者の頃は、チャートを見ているとついエントリーしたくなりますよね。
多くのトレーダーが通る道なので、気持ちはよ~く分かります。

少ない根拠でエントリーしてしまう、いわゆる初心者のポジポジ病ですw
詳細は下記の記事にも書いてあるので、思い当たる人は読んで下さい。

勝てるトレーダーでも、複雑に動く相場の値動きに翻弄される事だってあります。

しかしそうした「難しい場所ではトレードをしない」という決断ができるのが、負けるトレーダーと大きく異なる点です。

言い換えると、論理的に優位性が確認できる場所以外はトレードを見送るという事。

FX初心者は勘違いしがちですが、勝てるトレーダーはどんな場所でも勝っている!のではなく、勝てる場所できちんと勝っているだけです。

似ているようで意味が大きく違うので、ここを理解するのが大切です。

↓次のページで「勝てるトレーダー」になるのに必要な条件を解説します

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。