学習

Trade Reviewer

Trade Reviewerで簡単トレード記録

皆さんはトレード記録はどうされていますか?
毎回トレードした際にキャプチャしたり、メモしたりと様々かと思います。

清水もキャプチャをしてトレードを記録しています。

ただ実際にpips数を調べたりが億劫でしたが、今回新しいトレード記録としてインジケーターを購入してみました。

Trade Reviewerというインジケーターです。

Trade Reveiwerというインジケーター

このTrade Reviewerは有料ではありますが、1,680円と安かったので試しに購入してみました。

 

 

ダウンロードして解凍してみるとファイルの中はこんな感じです。

Trade Reviewerのファイル内

 

 

早速、裁量トレードで使っているMT4にファイルを移してみるとこんな感じ。

Trade Reviewerの反映画面

 

 

CSVボタンはHISTORYデータの記録をCSV形式に保存してくれるという便利さ。
清水は毎回記録のチェックの為にレポートとして保存して、そこからエクセルを開いてコピペで管理していましたが時短になりました。

CSV出力の画像

 

 

他にもマウスでトレードボタンを移動して何pipsかを1画面で気になる所に引けばこのように確認できます。

気になる箇所のpips数もあっという間

pips数の文字が清水の場合は小さいかなと思ったので変更してみました。

 

これが標準の文字サイズです。

文字サイズが小さい時

 

 

これにパラメーター入力の「損益ラベルの文字の大きさ」で10→15に変更してみました。

文字サイズの変更

 

 

このように文字が大きくなり分かりやすくなりました!

文字サイズを大きくした時

清水的にこのTrade Reviewerは操作も簡単かつ、獲得pipsの分かりやすさ、視認性の良さなど含めて非常に費用対効果は取れているかなと思います。
さらにCSVでのトレード記録を作成してくれる機能はさらにトレード記録する際の時短に繋がるので助かります。

またオススメできそうなインジケーターがあれば紹介してみたいと思います。

→Trade Reviewerはコチラ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。