FX教材

秒速スキャルFXがFX初心者に最適な内容なので紹介

秒速スキャルFXがFX初心者に最適な内容なので紹介します

秒速スキャルFXがFX初心者に最適な内容なので紹介します
秒速スキャルFXが評判が良いようなので検証しようかなと思ったのですが、内容が盛りだくさんなので講義を最初から見直しています
正確に言うと、今日は相場もそんなに動かないのかなと思い朝から秒速スキャルFXの講義を視聴中です

Katsuさんの秒速スキャルFXは内容が盛りだくさんですので、検証や考察も数回に渡って記事を書いていきます
今回は、その1回目となります

まず最初に、テクニカル講義1プラクティス編ですね
この秒速スキャルFXの最初の部分だけで結構勉強になると思います

テクニカル講義1プラクティス編

秒速スキャルFXのテクニカル講義1プラクティス編ですが、どこも大事なのですが「高勝率のエントリーポイントを探しだす、サポート・レジスタンスラインの引き方」は特に重要です
最終的にオーダーを見るというワールドポジションに行きつくのですが、サポレジや水平線を覚えると覚えていないのでは大きな違いが出ます
秒速スキャルFXの最初にこのサポート・レジスタンスラインを持ってきているのにも意味があると感じます

●次に「利益最大化のためのトレンドラインの引き方」ですが、私はトレンドラインは重要視していないタイプのトレーダーですが、次の講義の「FX初心者でもレンジ相場とトレンド相場を判別するテクニック」に連動して来ますので、覚えておかなければいけない必須項目ですね
講義ではラインの引き方を丁寧に解説されていますのでシッカリと覚えておきたいですね
特に、最初の押し目買い、戻り売りをするポイントについては、トレンドラインを引ける状態になった時にエントリーできるポイントです
エリオット波動も意識されるでしょうし、N字や三兵などもこの部分を覚える事で自然に意識出来るようになります
余談ですが、エリオット波動は私は無い派です

ダウ理論についても述べられていますが、実はダウ理論はFXをある程度行って来た人は誰でも知ってる内容なのですが、知っているだけで見ていない人が多数です
きちんと自分のトレードに落とし込む意味でも再度しっかりと見ると良いでしょう

●「的確なエントリーチャンスを見抜こう1(ダイバージェンスを探そう)」についてですが、ちょっとこの内容に関しては懐疑的です
ダイバージェンスに関しては、相場の勢いが弱まってきている状態でありエントリーポイントではありません

●「正確なエントリーチャンスを見抜こう2(ゴールデン・デッドクロスを探そう)」については、秒速スキャルFXのロジックに関する内容ですので、この部分は記載できないです
ただ私の考えと発想が逆だなと感じます
こういう考えもあるんだなと勉強になりました

秒速スキャルFXのテクニカル講義1プラクティス編のまとめ

秒速スキャルFXの最初の講義として見てきましたが、FXを始める初心者にとっては重要な話をたくさんしています
また、その重要な部分は繰り返して話をしています

最後の方はエントリーについて書かれていますが、相場観あってのエントリーというのが秒速スキャルFXを実践していくとわかると思います

FX初心者やトレード歴は長いけど勝てない人は、この部分が腑に落ちるまで繰り返して見てみると良いでしょうね

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。