MT4

MT4のアラーム音を変更してわっはっはっは。にする方法

MT4のアラーム音を変更してわっはっはっは。にする方法

MT4のアラーム音がいつも同じでつまらないとか耳障りで嫌だなと思った事はありませんか?
とりあえず変更はしていたのですが、飽きたのでMT4のアラーム音を変更してみましたので手順をご紹介します

色々と考えていたのですが、やはりトレードは楽しくやりたいですよね?
楽しいと言えば笑い声です
笑い声が弾む自宅・・・素敵じゃないですか

それで、まずは素材の音声を探さなくてはいけません
音声の拡張子はWAVファイルで無料で探します
著作権がありますので、抵触しないように注意してください
私は今回、魔王魂さんからいただきました
ありがとうございます


 


それで、使った音声は「わっはっはっは。」と「なんでやねん」の2種類です

↓「わっはっはっは。」です

↓「なんでやねん」です

アラーム音は「わっはっはっは。」でアラーム音以外は「なんでやねん」にしました
両方とも、同じページにあります
人間04と人間01です

ここにあります

MT4で音声設定する方法

MT4で音声設定する方法はそんなに難しくは無いのです

まずは、ツールからオプションをクリックします

ツールからオプションを開く画像


オプション画面が開かれたら、音声設定のタブを押します
その時に有効にするにチェックが入っていないと音が出ないので注意してください

MT4の音声設定画面


次にフォルダ名の列にある中の設定した箇所をダブルクリックします
たくさん音声ファイル名が出てきますが最初はChoose otherを選択します

Choose otherの説明画像


そうすると音声が入っているフォルダが開きます
そこに好きな音声ファイルを入れます
入れる際は必ずWAVファイルの拡張子です

フォルダに音声ファイルを入れる


次からはご自身の音声を変えたい部分を選択して選ぶだけです

音声洗濯画像

とりあえず、MT4の音声設定の仕方はここまでで完了です
お疲れ様です

MT4の音声設定を終えて

とりあえず、メインPCのよく使うMT4を4つだけ音声設定を変更してみました
ほら、明るい我が家ってあるじゃないですか?
「わっはっはっは。」と「なんでやねん」がこだまする不思議な空間に変わりました

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

億トレ監修・たった2年で6億以上稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いてトレンドのごく一部を超安全パイで狙っていく手法で高勝率です!

1日10~20pipsを安定的に獲得し、毎日資金の2%の利益を目標にします。
*毎日2%の利益で口座資金10万円から始めても複利だと1年以内に1億円を超えていきます。

サインがでても慌てることなく冷静に判断できるので、サラリーマンの方にもご利用になれるサインをメール送信できる機能を搭載したサインツールです。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<



◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

「F15-easy」よりはトレード回数が多いので勝率は落ちますが、こちらもサインをメール送信できる機能を搭載しています。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<



◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

パソコンを見れる時間が少ない方向けにもオススメでサインをメール送信できる機能も搭載。
サインが出ても即エントリーせず押し目を待ってゆったりトレードできます。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。