FX初心者

FXをするなら正確な誤差のない時計を準備しよう

FXをするなら正確な時計を準備しよう

FXを始める、やり始めたのなら、できれば1秒の狂いもない正確な時計を準備するのがいいのかなと思います。

FXはいうなれば、世界のお金のやり取りができるところですので、世界共通の時間で正確に運用・取引されています。もちろん、チャートもその世界基準の正確な時間に合わせて表示されていきます。

FXをするにはどんな時計がいいのか?

FXをするには、どんな時計がいいのか、適しているのか?それを考えていくと、やはり電波時計GPSの電波を受け取ることができる時計がいいのかなと思います。GPSの電波を受け取る時計は少し高めですので、最近ではどこでも見当たる電波時計でいいと思います。私も実際、電波時計を2台使っています。

アナログ時計の場合は秒針まで分かるのがいい

電波時計にはデジタルとアナログ時計があります。デジタルは基本何秒かまで分かりますので問題ないですが、アナログ時計の場合は秒針があるものにしてくださいね。今何秒なのかが分からないと意味ないですからね。

注意点として、電波時計は電波を受信しないと結局時間が狂ってしまいます。私もそのため違う2台の電波時計で時計に狂いがないか確認しています。実際、1台の電波時計はなぜか去年から正確に22秒狂っています。私の友達や同僚の方も電波時計が狂って直らないって話しをよく聞きます。こういう事は珍しいことではないと思いますので、複数の時計で正確な時間の確認が必要だと思います。さらに、電池の残量が減ってきた場合も注意が必要です。機種によっては電波の受信を自動で止め、時計を動かすことに電力を使う機能が組み込まれていることがよくありますので、時間が狂いやすくなります。

もし、1台も電波時計を持っていない場合は、2台もFXのために電波時計をそろえるのは出費がかさんでしまいます。そこで、PCに常駐させる(デスクトップに表示させる)時計の無料ソフトもおすすめです。ネットで検索すると色々あるので、自分好みの時計を探してみて下さい。

私が実際に使っているものはこちらから無料ダウンロードできます

アナログ時計DX

アナログ時計DXの実際の大きさ

この時計のいいところは、PCの画面上なら、場所はどこでも移動できて表示できること。クリックしたまま好きなところへ移動できるのでとっても便利です。

設定自体もとても簡単で、必要なものをクリックするだけ。

アナログ時計DXの設定画面

時計の透明度も可変で変えられますし、カーソルを近づけると表示を消すことも出来ます。時計の針の大きさやさ太さ、色まで好みのものに設定できます。

 

FXでは、チャートの足が変わるときが大切ですので、決まったインターバルでアラームを鳴らせることも出来ます。例えば、5分足を使っているなら、4分30秒後に音を鳴らせるよう設定して、「0秒ジャストに開始」にチェックを入れておけば、ロウソク足が切り替わる30秒前ごとに音がなり、ローソク足が変化する時を見落とすこともなくなります。しかも、音楽や音は、mp3であれば使えますので、好きな音や音楽を鳴らせることが出来ます

インターバルアラームや音の設定

 

時計の時間の修正する時間なども自分で設定も出来ますし、手動でもできます。

NTPサーバーによる時間の設定

FXに必要な正確な時計まとめ

FXに必要な正確な時計は、電波時計とPCの時計などを複数台利用するのをおすすめします。それらの時計を、毎日1回、取引前にそれぞれ確認することで、時計の遅れなどによる損失を未然に防ぐために必要だと思います。時計なんて、本当にどこにでもあるものですが、1秒の誤差も許されない世界がFXの取引ですので、しっかり事前準備をしていきましょうね(^^)

 

時間足のカウントダウンのインジケーターについてこちらの記事で紹介しています

これもとっても便利ですのでおすすめですよ!

ブログランキングに参加しています

この記事が参考になったならクリックをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。