トレード日誌

4.30真田のトレード記録

4/30パラボリックを使った真田のトレード記録

今日は平成最後のトレードをパラボリックを使ったトレードで締めくくりました!

ドル円の15分足でエントリー、1時間足のレジサポ付近の利確目標でうまくトレードが出来たのでご紹介します。

ドル円15分足で下降トレンドを確認後、1時間足も前回安値を下回っていて下目線を確認。
パラボリックのシグナルが出ている中、移動平均線のパーフェクトオーダーを確認してからエントリーしました。(111.571)

4/30トレード記録

エントリー根拠は、4時間足がレンジの下限付近にいて、1時間足の高値・安値の切り下がりを確認し、15分足のパーフェクトオーダーと、パラボリックの状態を見て売りエントリーしました。

損切りは前回高値の少し上(約12Pips)最初は15分足の前回高値に利確目標を置いていましたが、反発もなく下げたあと、うまくサポートに切り替わったため、この時点で損切り位置を建値まで移動し、利確目標を1時間足のサポート付近まで下げました。

利確は1時間足のレジサポ(緑ライン)の1Pips上にTPを置いていたため、自動的に決済。(111.282)

平成最後のトレードは+28.9pipsで終わることが出来ました!

この後、パラボリックの転換サインが出ました。今現在は若干上昇しています。

先日書いたパラボリックのトレード手法についてはこちらの記事を参照ください↓

今回は、前回の記事の手法プラス水平線を利用したトレードとなります

先日パラボリックのトレード手法を書きましたが、当面この手法を1つの型としてトレードしていきたいと思っています。

以前児島の書いた上記の記事のようなレジサポも併せて意識することで、トレードの幅が大きく広がっていきます。

勝てないトレードが続くと色んな手法に目が行きがちになりますが、まずは1つの型をしっかりと突き詰めて自分に合ったトレードスタイルを一緒に身に着けていきましょう!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。