テクニカル分析

RSIのダイバージェンスをインジケーターで表示させる「RSI Divergence」

RSIのダイバージェンスをインジケーターで表示させる「RSI Divergence」

FXフレンズの森田です。

今回はRSIのダイバージェンスをインジケーターで表示させれる「RSI Divergence」を紹介します。

 

初めてRSIのダイバージェンスでのトレード手法を知って、自分のトレードに取り入れようとした時…

まず最初に困ったのが、どこがRSIのダイバージェンスになっているかわかりにくい点でした。

元々MTのサブチャートに入れるインジケーターに苦手意識があったというのもありますが…

 

特にFX初心者は同じように悩むことがあると思います。

まずはRSIのダイバージェンスがどこにあるのかは、インジケーターに任せて、トレード手法の検証に集中するのもおすすめです。

「RSI Divergence」を無料でダウンロードするならこちら

また、ダイバージェンスの基本については、こちらの記事で詳しく書いてあります。

ダイバージェンスについてさらに深く書いた記事はこちらです。

 

RSI Divergence」の基本

それでは、「RSI Divergence」についてチャートを使って説明していきます。

あ

上の図のように「RSI Divergence」をチャートにいれるだけで、RSI自体とRSIのダイバージェンスがおこっている箇所を表示してくれます。

チャート上にラインがひかれ、サブチャートにラインと矢印が表示されるので、わかりやすいです。

もちろん普通のRSIと同じように期間を変更したり、レベルを表示させることもできます。(上の図では、期間を14、レベルは30と70で白の点線で表示させています。)

 

ちなみに下の図の青四角で囲っている部分がRSIのダイバージェンスがおこっている部分になっています。

RSI Divergenceをチャートに反映

これだけ見るとRSIのダイバージェンスだけでエントリーするのは危険だということもわかります。

 

RSI Divergence」の使い方について

まず基本的な考え方として、上の「RSI Divergence」のチャートをみてもわかるように、RSIのダイバージェンスだけでエントリーするのは危険です。

ただし自分もそうですが、特に1時間足より大きな時間足のRSIのダイバージェンスは世界中のトレーダーの多くが意識しています。

FX初心者におすすめ

FX初心者の方はまず「RSI Divergence」を使って、1時間足以上のRSIのダイバージェンスおきた時に価格がどのように動くか検証することから始めるのがおすすめです。

もちろん新しく知ったRSIのダイバージェンスのトレードの検証にも使えると思います。

 

ただし、以下の記事にも書いてありますが、最終的にはいろいろな条件を加味してエントリーすることになります。

いろいろなインジケーターを入れすぎると逆にチャートが見づらくなったりします。

「RSI Divergence」がなくても、RSIのダイバージェンスがすぐ見つけれるようになるのが理想ですね。

FXフレンズはブログランキングに参加しております

ランキング1位を目指してライバルと戦ってます!

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。