注意点

FX初心者が陥りやすい聖杯探しという罠

FX初心者が陥りやすい聖杯という罠

FXフレンズの児島です

私がFXを始めてみて、インジケーターの種類やトレード手法が株に比べて圧倒的に多い事に驚きました
それから、インジケーター探しの旅に出たのは言うまでもありません

絶対に的確に相場の動きを捕らえるインジケーターはあるはずだ
絶対に負けない聖杯のインジケーターはあるはずだ

そう考え、来る日も来る日もダウンロードしてはテストをしていました

実は今でもです 笑

人は成長を目指さない限り、そこからは一旦停滞、そして衰退していくと児島は考えています
その意味から聖杯を探す事に対して悪とは思っていません

では、タイトルにあるような「FX初心者が陥りやすい聖杯という罠」とはどういう事でしょうか?

FXは意外と簡単でシンプルなロジックがうまく行くケースが多いです
例えば下記のようなチャートを見てみてください

カオスなチャート

もう、何が何だかわからないですよね 笑

聖杯を探しまくる人は大体がこのようなチャートになるケースが多いです
そうすると、本来インジケーターが持つ意味を間違えてしまいがちです

知れば知るほどレベルアップしているはずなのに、なぜか迷いが出てきます
トレンドも取りたい、逆張りの天底も取りたい、レンジも取りたい
そういうのを一つのチャートに集約すると迷いが出ます

以前、お仕事を3か月間頼んでいた専業トレーダーのチャートが下記です
この方は、だいたい月に500~800万円程度稼ぐそうです

ボリンジャーバンド(EMAバージョン)の期間20、偏差1と2と3の3種類だけを表示しています
手法はチャートを見てわかる通りブレイクアウト手法一本です

5年間試行錯誤して、2年前からこの手法にたどり着き安定して稼いでいるようです

手法を増やしたりインジケーターや聖杯を探したりする事は決して悪い事ではなく進化していると思います
しかし、チャートはシンプルに余計なインジケーターは迷いを呼びますので入れずに、狙ったトレードに則した形にするのが良いでしょう

そうする事で、聖杯は無いですが、ほぼ聖杯の手法を確実に自分の中に落とし込むことができます
一つ落とし込んだら次の手法を探す
そうして確実に進んでいかないとインジケーター探しからの聖杯探し、結局迷ってしまい罠にはまります

また、手法は心の問題もありこの手法が必ず良いわけではないです
人それぞれ、合う手法がありますので、児島も色々とトレード手法を紹介していますが、合うトレード手法があったなら書いた甲斐もあったと思います

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。