FX初心者

FXはトレンドとレンジの繰り返し

FXはトレンドとレンジの繰り返し

FXフレンズの毛利です。

FXのチャートを眺めていると規則性がなくバラバラな感じに捕らえがちですが、長い期間で眺めてみると、結局はトレンドとレンジの繰り返しであることに気が付きます。

そのうちの大半を占めるのがレンジ相場です。
全体の8割もしくは、最近のドル円相場では9割近くがレンジ相場です。
つまりレンジ相場が次のレンジ相場に移行する相場がトレンド相場となります。
レンジ相場
ただレンジ相場と一言に行っても、その幅はマチマチです。

たとえば短い時間足でトレンド相場を形成していたとしても長い時間足でみればレンジ相場内での動きだったことはよくあることです。この場合、どちらの時間足を中心にトレードするかによって相場の捉え方が変わり、トレンドとレンジではトレード手法もそれにより異なってきます。

トレンド相場とレンジ相場ではトレード手法が異なる

一般的に日本人は逆張りが多く、海外では順張りが多いと言われています。

順張りと逆張りとは?ちなみに順張りとはトレンド方向にエントリーしていく手法で逆張りはトレンドと逆方向にエントリーする手法です。ある程度FXのことを知っている方なら、どちらがリスクが低いか分かると思います。答えは順張りです!トレンド相場では特に順張りの方がリスクが低く値幅も大きく獲れます。
このようにトレンド相場では順張りの手法を用いるのが普通です。

では、逆張りは無意味なのでしょうか?
逆張りが有効となるのはレンジ相場です。

レンジ相場であれば多少エントリータイミングが早くても、順張りよりも利幅を多くとることができます。一方、トレンド相場で逆張りをしても利幅も少なく、大きな含み損を抱える可能性の方が高くなります。なお、逆張り手法は大なり小なり最初に含み損を抱える特徴があります。

そのためメンタル面が弱い方には向かない手法となります。
このことからFX初心者の方は順張りを基本として手法をオススメします!

なぜ勝ち続けることができないのか?

FX相場の動きには大きく分けると2つしかないと説明しましたが、どうして多くのトレーダーが続けることができないのか不思議に思いませんか?それは相場観が掴めてないからなんです。

つまりトレンド相場なのか、レンジ相場なのか状況を把握できずトレンド相場で逆張りをしてしまい、レンジ相場と思って順張りして損失を拡大し続けています。

そういった相場観を掴めていない方は下記の記事が参考になります↓

FXはトレンドとレンジの繰り返しまとめ

FXではトレンド相場とレンジ相場の2つがあり、それそれ有効な手法があります。しかし、結局は相場観を養わなければ適切な手法を選択できません!

相場観さえ判断できれば多少不利なエントリーポイントであっても資金は増え続けます。FX初心者の多くは勝てる手法(聖杯)探しに躍起になっていますが、実際には聖杯探しよりも相場観を身に付ける方に重点を置いたほうが早く結果がでます。

心当たりがある方は、ここで振り返ってみてください!

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。