学習

FX初心者におすすめの本7選!基礎から分かりやすく学べて安心

FX初心者におすすめの本7選!基礎から分かりやすく学べて安心

FX初心者におすすめな本を7選を紹介しています。

最近ではFX本を購入しなくてもネットで調べれば、無料で有益な情報を得ることができますが、情報が整理されてなく分かりずらかったり、なかには間違った情報を掲載しているサイトもあります。

その点、出版社から発売される「本」であれば、プロのライターが分かりやすい表現や図などで解説しており、より理解しやすい内容となっています。ただ本の数が多いので、どの本を読めばいいかと迷う方もいらっしゃると思い、こちらでFX初心者に限定した最適な本を厳選しました。

当ページではプロモーションを含みます。

スキルにあった本を選ぶ

いくらオススメと言われても、まったくFXを知らない方とある程度の基礎が分かっている方とでは、選ぶ本が異なります。つまり、ご自身のFXスキルの度合いにより選ぶ必要があります。

ただFX本と言っても様々な種類があり、主に下記に分類されます。

  1. これからFXを始める方
  2. テクニカルを勉強したい方
  3. トレード手法を勉強したい方
  4. ファンダメンタルを勉強したい方

基本的な知識が皆無の方が、テクニカル分析に関する書籍を読み進めても、内容の把握が出来ず、まさしく時間の浪費となってしまいます。それとは対照的に、基本的な知識を有している個人が、基本的な内容を解説した書籍を見ても、あまり満足感が得られないでしょう。

FXについての知識を深化させ、十分理解するためにも、自己の知識レベルをしっかりと認識し、それに基づき自分にとって読みやすいと考えられる本を選びましょう。

FXを始める方におすすめの入門漫画本

FXのことを全く知らない超初心者の方は、FXの仕組み(ルール)を知る必要があります。

そんな方には、まずは入門本からはじめることをオススメします。ただ、最初から文字だとなかなか頭に入ってこない方は、FXの漫画本から読み始めると良いでしょう!

そこで、おすすめのFX漫画本を厳選しました。

ゼロから始める!マンガFX入門

著者川口一晃
出版社高橋書店
発売日2019/1/28
アマゾン口コミ評価3.9

「ゼロから始める!マンガFX入門」は、外国為替取引の基本的な構造を解説し、口座をどう選ぶべきかを教え、さらに取引をいかに行うべきかについてまで詳細に説明した本です。それは初心者が成功するための方法をマンガ形式で視覚的に示しています。マンガという親しみやすいメディアを活用することで、複雑な用語や概念も簡単に理解でき、学んだことがしっかりと頭に入ってくるのが特徴です。”FXに興味があるけどどこから始めたらいいかわからない”という初心者だけでなく、一歩踏み出すのをためらっている興味津々の人々にとっても、この本は読むのが楽しく、一貫した学習の手引きとなる一冊です。

マンガでわかる最強のFX入門

著者安恒 理
出版社新星出版社
発売日2023/12/21
アマゾン口コミ評価なし

株取引の入門知識を明確に説明し、2019年の初め半分で首位に輝いた『マンガでわかる 最強の株入門』の続編として発行されたのが、この『マンガでわかる 最強のFX入門』です。投資成功のための取引の秘訣、ロングやショートの最適な時期など、初心者が把握すべき重要情報を凝集した一冊となっています。FX取引に含まれるリスクや失敗のケースについても、マンガを通じて詳しく説明しているため、緊張することなく、楽しく学習することができます。FX取引についてサッと理解したいと思っている方は、このマンガの登場キャラクターと共に楽しみながら「億り人」を目指す旅を始めてみるのはどうでしょうか。

FX戦士くるみちゃん

著者炭酸だいすき
出版社KADOKAWA
発売日2021/7/21
アマゾン口コミ評価4.6

FXを中心に描かれたマンガであり、オススメする読み物としては多少奇抜かも知れませんが、FXが新手である際の内心を窺い知ることが出来ます。全ての人が経験する挫折を一通りして経験した後で読むと感情移入しやすいのですが、FXを始める直前に読むだけでも多くの教訓を得ることができます。本作で描写されている「取引する際に決してするべきでは無い事」をやめることができれば、そこで初級者のレベルを卒業することが出来ます。そのため、エンターテイメントとしては素晴らしい一冊ですが、この本を見て「その通りの取引を行った場合は、ほぼ確実に資産が減少します。」というネガティブな模範として参考になります。

マンガでまるっとわかる!FXの教科書

著者横尾寧子
出版社西東社
発売日2015/12/25
アマゾン口コミ評価4.0

『マンガでまるっとわかる!FXの教科書』は、マンガを中心としたイラストやグラフを随所に盛り込んだ説明書的な本となっています。各ポイントごとに解説文を見つけることができ、イラストや文章を通じてFXに関する情報を手に入れたいと方にとって、まさに適した本です。「FXって単なるギャンブルや危険なものではないの?」という初歩的な疑問から始まり、より現場での具体的な内容についてまで、本書は細心の注意を払って体系的にまとめています。さらに、用語集が掲載されている点もポイントで、これにより、教科書と呼ぶのに相応しい本となっています。しかし注意点として、本書に含まれる情報は2015年時点のものであるため、書かれているFX取引会社に関する情報を鵜呑みにせず、自分自身で各FX会社の公式ウェブサイトに行き最新情報を確認した上で口座を開設することをお勧めします。

初心者向けの入門書

FXのルールや仕組みを詳しく且つ分かりやすく解説している入門本です。

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

著者ザイFX! 編集部×羊飼い
出版社ダイヤモンド社
発売日2017/11/23
アマゾン口コミ評価3.9

これまでの売り上げ累計が26万部に及ぶベストセラーとなった改定版です!FXの業界では、その名を知らない人がいないと思われる超人気FXブロガー“羊飼い”と超有名ウェブサイト「ザイFX」が手を組み「FX」の知識を直観的に理解出来る必携の一冊です。内容は全ページフルカラーで、視覚的にわかりやすいイラストや図表が数多く盛り込まれています。具体的かつ易しく説明されているので、初心者にも非常に有用なFXの基礎を学ぶための本となっています。FX取引を始める上で必要なFX会社の選び方についてのアドバイスからレバレッジやスプレッドといった、FX初心者が理解しておくべき基本的事項やトレードを有利に進めるためのチャートの詳細についても丁寧に解説をしています。この改訂版では、投資に成功した個別の投資家の成功話や失敗話、さらに、「羊飼い」という著者自身が行っているリアルなトレードの詳細までが公開されています。

世界一やさしいFXの教科書1年生

著者鈴木拓也
出版社ソーテック社
発売日2020/5/7
アマゾン口コミ評価3.9

「世界一やさしいFXの教科書1年生」は、FXの初心者でも容易に理解できるよう配慮された内容のガイドブックです。「FXって一体何なの?」という初歩的な疑問からチャートを用いてデータを解析する「テクニカル分析」の具体的な方法、さらにはニュースの正しい読み取り方に至るまで、詳細に説明してあります。図解やイラストは控えめに使われていますが、理路整然と明確に書かれているため初心者の方でも楽に読み進めることができます。

10万円から始めるFX超入門 改定版

著者ダイヤモンド・ザイ編集部
出版社ダイヤモンド社
発売日2014/12/12
アマゾン口コミ評価3.6

FXに関する基礎知識を提供する本として、投資情報誌の中でも特に人気のあるZAi(ザイ)から出版されている初心者向けの教材の中で、現時点での最新版です。この本は、従来の入門書で解説されていたFXブローカーの選定方法やFX取引における基本ルールの説明に加えて、実際の取引で使用する手法も詳しく解説しています。本書の特徴的な要素の一つとして、初投資として10万円の設定でFX取引を始めることを指南する形で内容がまとめられており、読み手に対してより具体的な操作方法を示すことで、前版に比べると内容がより実践的なものになっています。

FX初心者のおすすめ本に関しての疑問3選

FXで一番重要なことは何ですか?

FXで最も重要なことは、大きな損失を出さないことです。大きな損害が発生した際には、どんなに豊富な知識と経験を持つ方でも動揺し、普段ならやらないはずの無駄なトレードに走る傾向にあります。そのため常に冷静でいるため適切な損切と資金管理が必要となります。

FX初心者は何から勉強すればいいですか?

FX初心者がFXを始めるにあたり勉強するには下記の準備で学んでいくのがいいでしょう。

  1. 基本的な知識(ルール)をしっかりと身につける
  2. さまざまな取引手法について詳しく学ぶ
  3. 市場の分析方法を理解し習得する
  4. リアルトレード前にデモトレードでしっかり訓練する
  5. デモトレードで実績が出たらリアルトレードに移行する

FXで儲かる可能性はありますか?

FXで儲かる可能性はあります。一般社団法人金融先物取引業協会が2018年に発表した結果では、日本では約6割以上の方がFXで利益を上げているデータがあります。

引用:外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査~調査結果報告書~

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。