国内証券

岡三オンラインFX(くりっく365)e-profit FX

岡三オンラインFX(くりっく365)e-profit FXでまとめて情報収集

FXのトレードって、チャートを見るだけでなく、いろいろな情報を見るのもとっても大切です

そんな時、とっても役に立つのが岡三オンラインFX取引ツールにある「e-profit FX」です

これには必要な情報を一覧でまとめて表示してくれているのでとっても便利です!しかも、今どの通貨で買いが多いとか売りが多いなんて情報まで分かっちゃうんですよ(*^^*)

e-profit FXとは

e-profit FXとは、岡三オンラインFX(クリック365)の口座開設を申し込むと使えるようになる為替情報ツールです

e-profit FXトップページ

 

使ってみたい方は口座開設をして下さいね

>>口座開設ページへ

トップページには、

「金融経済ニュース」

「経済指標」

「要人発言」

「騰落率/出来高ランキング」

「売買建玉比率」

ひと目で分かるように一覧で掲載されています

さらにサイドには、更に細かい項目があります

サイドメニュー

この中のいくつかを紹介したいと思います

e-profit FXの「強い通貨はどれだ」

e-profit FX「強い通貨はどれだ」をクリックします

強い通貨はどれだをクリック

 

通貨のランキングが表示されます

通貨の強い順ランキング

ひと目でどの通貨が今強くて注目されているのかが分かりますね

 

下の段には、その通貨との通貨ペアの現在値が1分毎に更新されていきます

通貨ペアの現在値

1分毎に上昇の場合は赤、下落は青色になるので、見てすぐに分かるのもうれしいですね(^^)

トレードをしながらこれを観察することで、強い通貨ペアや弱い通貨ペアをすぐに探せますね

e-profit FXの「価格帯出来高チャート」

e-profit FXの「価格帯出来高チャート」を見ると、どの通貨で、どの価格の時に出来高が増えているのかがひと目で分かります

まずはじめに、「価格帯出来高チャート」をクリックして下さい

価格帯出来高チャートをクリック

 

 

一覧ですべての通貨を見ることができます

価格帯出来高チャート一覧

更に細かく見ていく場合には、見たいチャートをクリックします

ここではドル円を例に取ってみます

通貨ペアの出来高

灰色の横棒が出来高

時間足も変更することができます

5分ごとに更新されます

出来高の多いところは、レンジやレジスタンスラインになったりしやすいのでその目安にもなりますね!

e-profit FXの「売買建玉比率」

e-profit FXの「売買建玉比率」を見ると、実際にくりっく365で取り引きをしている人たちの動向が見えてきます

e-profitFX売買建玉比率

例えば、緑で囲った「トルコ/円」では、買いの人が82.5%にもなるということがひと目で分かりますね

でも、やっぱり世界の大口の投資家のボジションが気になりますよね。それが分かるのがCFTCです。もちろんe-profit FXにあります(^^)

e-profitFXの「CFTC建玉明細」

e-profitFXの「CFTC建玉明細」

13の投資対象について大口投資家のポジションを知ることができます

CFTFとは、米商品先物取引委員会のことで、金曜日に、その週の火曜日時点での大口投資家や機関投資家などプロのポジションを発表しれくれるんです

為替だけでなく、NY金や原油、日経平均までひと目で見ることができます

FCTC建玉明細

 

少し拡大してみます

ドル円の建玉

赤い四角で囲ったところはレートで、赤い折れ線グラフが価格の動きです

水色で囲ったところは買玉と、売玉の差し引きです

買い玉が多い時はプラスになり、売り玉が多い時はマイナスになります

現状は少しだけ売り玉が多い感じですね

チャートをクリックすると、さらに多くのデーターを見ることができます

e-profitFXのまとめ

e-profit FXにはとにかく色々なデーターを見ることができます。

しかも、チャートによっては10年以上まで遡れるものもあります

そういったデーターの中から、自分がトレードする通貨ペアの動きや癖、またはどういった時に動きやすいかなどを分析・研究していくのも必要なことなのかなって思います

 

e-profit FXは、岡三オンラインFXの口座を開設(無料)すると使うことができます

>>口座開設ページへ

情報力はトレードの勝ちをぐっと引き寄せます。ぜひ使ってみて下さいね(^^)

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。