FXとは

FXのやり方|トレードで最低限の知識

FXのやり方|トレードで最低限の知識

FXを始めるに至っては、まずは環境を整える必要があります。

FXでは海外の通貨をトレードするわけなので、売買を仲介してくれる業者への口座開設やトレードに必要なパソコン、スマホ、投資金などの環境を準備する必要があります。

詳しくは下記ページをご覧ください↓

さて、口座開設が完了し口座へ資金を入金することで、いよいよトレードをすることができます。

トレードを開始する方法

トレードするには注文を出す必要があります。
その注文を出すには大きく下記の2つの方法があります。

・業者のHPから注文を出す
・トレードソフトから注文を出す

業者のHPから注文

取引業者にもよりますが、口座開設すると業者のサイト内に自分専用のページ(マイページ)が作成されます。(*楽天FXのマイページです↓)

スマホやパソコンでマイページにログインすることで、インターネットが繋がりさえすれば、場所を問わず入出金手続きや売買注文を出すことができます。

トレードソフトから注文

事前にパソコンやスマホにトレードソフト(アプリ)をインストールしておき、トレードソフトを立ち上げてから注文を出すことができます。

なお、トレードソフトには業者によって異なる場合が多いです。

とくに国内業者は業者ごとにトレードソフトが専用化されていますので、たとえばA社のトレードソフトはA社のみしか利用できず、B社やC社で利用することができないようになっています。

下記はDMMFXのトレードソフト「DMMFX PLUS」↓

 

ただトレードソフトもパソコンにインストールするものとインストール不要で業者のマイページ内から利用できるものもあります。

多くの業者で使えるMT4

トレードソフトのなかで世界的に有名なのが「MT4」と言われるソフトです。
国内だけでなく、海外の取引業者が採用しているトレードソフトです。

恐らく世界中の個人トレーダーの多くが、MT4を利用していると言っても過言ではありません。

理由は個人トレーダーにとって自由度が高く、その他にも多くのメリットがあるからです。

MT4については下記ページをご覧ください↓

トレードソフトのメリット

FXではトレードソフトがなくても売買することができますが、トレードソフトの最大のメリットはチャートを使って色々な分析をできるからです。

チャートとは図表とかグラフのことで、FXではレートを時系列に沿ってグラフ化したものです。
いくつかの種類がありますが、日本人が一番愛用しているのが「ローソク足」チャートです。

ローソク足とは、ある一定時間のレートの動きを1本のローソクのような形で表現したものです。

>>ローソク足の詳細はコチラへ

これらのローソクを時系列に並べたチャートをローソク足チャートと呼びます↓

 

上記チャートを見たところで初心者の方は、不規則に動いているように見えるかもしれませんが、実はチャートには過去にも同じようなパターンが何回も出現してます。

これらを分析することにより優位性高いトレードをしていきます。

FXに限らず相場は、ただ闇雲に感情に任せて売買するのではなく、一定のトレードルールに従ってトレードすることにより、安定した成績を残すことができます。

詳細は下記ページをご覧ください↓

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。