FX教材

奥谷式・最強スキャルトレードシステム ORIGIN FXのレビュー

奥谷式・最強スキャルトレードシステム ORIGIN FXのレビュー

奥谷式・最強スキャルトレードシステム ORIGIN FXを入手したのでレビューします。

ORIGIN FX専用の購入特典があります。
詳しくは最後の方にご案内します。

このロジックは移動平均線のパーフェクトオーダーとクロス&ブレイクを基本とした手法です。

エントリーサインは2種類ありロジックはすべて公表されています。
おそらく多くの方が知っている内容で特に目新しい手法でもありません。

移動平均線の期間もごく一般的なもので多くの方が表示しています。
だからこそ効果があるといえますね!

特徴は下記の通りです↓

・すべての通貨ペアで5分足のみ利用可能
・4本の移動平均線を使用したトレンドフォロー型サインツール
・1回のトレード損失が20pips以内
・勝率70~80%

さっそくチャートにインストールした画像です↓

見ての通りサイン数は多いです。
ただ全てのサインでエントリーすると当然負けます。

エントリー方法

使い方はシンプルです。

エントリーは、2種類のサインいづれかでエントリーします。

ただどちらのサインも移動平均線がパーフェクトオーダーの状態でエントリーです。

エントリー条件サイン+パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーではない時はサインが出てもエントリーしません。
先にサインが出た後にパーフェクトオーダーになればエントリーはできます。

ここに注意ORIGIN FXではパーフェクトオーダーのサインはでませんが、当サイトの購入特典「ORIGIN_Perfect」を利用するとサインとアラート&メール通知が可能になります。

応用エントリー

これはトレンドの勢いが強い時の手法です。
ORIGIN FXに限らずサインツールでは、ある程度の深い押し目や戻りがないと機能しません。

相場によってはダラダラと明確な押し目や戻りがなかったり、あったとしても浅かったりしますが、後者であればトレードしても利益が見込めます。

その方法が短期移動平均線の反発を狙う手法です。

決済

損切は直近の安値もしくは高値に少し幅をプラスした場所です。

この時20pipsを超える場合は、移動平均線を直近安値や高値のように扱います。
それでも20pipsを超える時は、エントリーを控えます。

つまり最大でも損失は20pipsです。

利確

一方の利確は損失幅と同じ幅を設定します。

リスクリワード比率1:1です。
あとは分散利確で利益を伸ばしていきます。

ただし・・・利益を伸ばすのであれば上位足でもトレンドが出ている必要があり、上位足がレンジの状況では5分足で10pips程度の利益は確保できても大きな値幅を狙おうとすると逆に失敗する可能性があります。なので、環境認識ができない方には向いてなく、結果的に最初の決済で全利確しておけばよかったと後悔するかもしれません。

ある程度の値幅を狙うには最低でも上位足の1時間足の方向を把握する必要があります。

FXに限らず基本的には相場では利幅が少ないほど勝率は上がり、多く狙うほど勝率は落ちます。勝率が落ちるということは資産管理でロットを落とす必要があり、その結果が分散利確となります。

【購入特典】パーフェクトオーダーを知らせるインジケーター

ORIGIN FXのエントリー条件として必須なのがパーフェクトオーダーです。

ただパーフェクトオーダーは目視で確認する必要がありますが、当サイトから購入された方限定でパーフェクトオーダーが発生した際にアラートもしくは、メールで通知するインジケーター「ORIGIN_Perfect」を特典として配布しています。

 

さらにパーフェクトオーダーが発生中には長期移動平均線の色が変わる仕様となっています。

移動平均線が「短期>中期>長期」中の時には長期移動平均線の色が青色、「短期<中期<長期」中の時には長期移動平均線の色が赤色となります↓

 

「ORIGIN_Perfect」を利用するとパーフェクトオーダーの確認が容易になり、エントリーだけでなく過去検証も楽になります。

>>特典付き「ORIGIN FX」の購入はコチラへ

まとめ

ORIGIN FXの手法は有効ですが、パーフェクトオーダーからある程度上昇や下降した後に出たサインはダマシになる可能性が高いです。

そこに注意すれば、勝てるツールです。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。