FX初心者

FX取引業者(国内 or 海外)の選び方

FX取引業者(国内 or 海外)の選び方

個人がFXトレードするには必ず取引を仲介してくれる業者に口座開設する必要があります。

そこで今からFXを始める初心者の方向けに分かりやすく、FXの取引業者の選び方を解説します。

株式投資を個人が売買する時も仲介する証券会社(仲介業者)への口座開設を行う必要がありますが、FXでも同様に仲介業者を利用します。

株式投資の場合だと一般的には日本では証券会社ですが、FXの場合は証券会社だけではなく、他のブローカー(仲介業者)も存在します。証券会社とブローカーとの違いは、ブローカーは取引所ではなく、OTC市場で取引を行う点にあります。

詳しは下記サイトをご覧ください↓
>>外国為替ブローカーとは

国内ブローカーと海外ブローカーの特徴

FXブローカーは日本国内だけでなく、日本に居ながら海外のブローカーも利用することができます。

どちらがオススメというわけではなく、それぞれメリットとデメリットがあり、自分の環境にあったブローカーを選ぶことが大切です。

国内ブローカーの特徴

国内ブローカーのなかには株式取引で誰もが知っている証券会社や初めて聞く会社もあります。

国内ブローカーは、利益にかかる税率が海外ブローカーに比べ低かったり、サポートがしっかりして安心安全を求めたいFX初心者の方に向いています。

国内ブローカーのメリット

・分別管理が徹底されている

特徴としては、金融機関の一部なので金融庁の監視下にあり、厳しい基準を満たしていることから資金の預け先が、たとえ倒産しても顧客の資金が保証されるなどの安心感があります。

信託保全の詳細は下記ページへ↓

・サポートが充実

海外ブローカーに比べると電話サポートなどもあり、初心者の方にも分かりやすく丁寧に対応してくれます。
(*売買に関するアドバイスはありません。)

・スプレッドが狭い

全体的に海外ブローカーと比べると各通貨のスプレッドは狭く設定されています。日本人に人気の通貨ペアだとスプレッドがゼロのところもあります。

・税金率が低い

いくら利益が上げても税率が一律20.315%と海外ブローカーより断然低く設定されています。

・入出金が敏速

国内の指定された金融機関であればリアルタイムで資金移動が可能です。

国内ブローカーのデメリット

・レバレッジが低い

すべての国内ブローカーでは法規制により最大25倍と海外ブローカーの10~200分の1以下です。

・MT4やMT5非対応

世界的トレードツールであるMT4やMT5を使えないブローカーが多く、殆どのブローカーが独自のトレードツールを採用しているので、ブローカーを変えるとごとに一から使い方を覚える必要があります。

海外ブローカーの特徴

海外ブローカーの魅力は何と言っても国内ブローカーにはないハイレバレッジです。

海外だと日本語が使えないなどの心配をされる方もおられますが、最近は日本人が利用しやすいようにサイトも日本語になっおり、サポートも現地の日本人が対応しているところが多くなっています。

ただ国内ブローカーと比べると資金管理の問題がどうしてもありますが、多くの日本人が利用しているブローカーだと、そのような問題も殆どなく国内のように元本以上のマイナスを補填する必要もないところが多いです。

海外ブローカーのメリット

・ハイレバレッジ

海外では国内のようにレバレッジ規制がないので、最大200~5000倍ものハイレバレッジ環境にあります。

・ゼロカットシステムがある

国内ブローカーに存在しない制度が、ゼロカットシステムです。すべての海外ブローカーが導入しているわけではありませんが、多くのブローカーで採用されています。顧客が元本以上の損害を受けても、それ以上の損害を補償する必要がありません。つまり、マイナス分はブローカーが補填くれる有難い制度です。

・MT4やMT5対応

殆どの海外ブローカーではMT4やMT5に対応しています。このためブローカーを変えてもトレード操作に支障をきたすことがなく、インジケーターなどもそのまま利用することができます。

・様々なボーナス

入金ボーナスなど様々なボーナスがあります。これにより低資金であってもボーナスが付与されることにより、資金を有効的に活用することができます。

海外ブローカーのデメリット

・分別管理がが不十分

海外ブローカーは日本の金融庁の管轄外のため日本では義務づけられている信託保全などはありません。信託保全と似たものは民間会社と提携することにより実現できているブローカーもありますが、全額補償ではなく上限があったり、全く同じものではありません。

・スプレッドが広い

国内ブローカーに比べ各通貨ペアのスプレッドは広いです。

・税金が高い

国内ブローカーのように一律ではなく、雑所得扱いのため総合課税のため累進制となっており、大きな利益を上げると最大45%かかります。

・出金できないリスク

海外ブローカーで一番多いトラブルの一つが出金できない問題です。せっかく利益をあげても様々な理由を付けられ出金できず泣き寝入りするケースもあります。

・電話サポートがない

国内ブローカーのような電話サポートは一部を除くと海外ブローカーではほとんど行っておりません。ただ多くの場合、日本語対応によるオンラインチャットサービスがあるので、それほど困る心配はありません。

経験やスキルで選ぶ

それぞれの特徴をみると国内ブローカーのメリットが海外ブローカーのデメリットであり、逆に国内ブローカーのデメリットが海外ブローカーのメリットと相反するものとなっています。

分かりやすく表にまとめました↓

項目国内ブローカー海外ブローカー
分別管理全額補償なし or 上限額あり
サポート体制電話、メール対応、一部チャットやLINEメール、チャット、一部電話
スプレッド狭い(最小ゼロ)広い
レバレッジ最大25倍最大200~5,000倍
トレードツール各社独自ツール、一部MT4、MT5対応殆どMT4、MT5対応
税率一律20.315%総合課税による累進制 最大45%
入出金手数料無料でリアルタイムで反映出金拒否の可能性あり

 

冒頭でもいったとおり、どちらが良い悪いではなく各個人にあったブローカーを選択することです。

はじめてFXに挑戦する方であれば、サポートが充実している国内ブローカーを使った方が何かある時に電話による手厚いサポートが受けれます。逆にある程度FXの経験があり、勝ち続けることができる方であれば、ハイレバレッジを利用して早く資金を増やすことができます。

このように個人の経験やトレードスキルを参考に選択します。

海外ブローカーの各業者の特徴は下記ページへ↓

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。