FXインジケーター

効果が高いレジスタンスラインを自動描画するインジケーター

効果が高いレジスタンスラインを自動描画するMT4インジケーター

効果が高いレジスタンスラインを自動描画するインジケーター「ResistanceLineSeekerE」を紹介します。

「ResistanceLineSeekerE」は以下の特徴があります。

  • 人間の目では気が付かない効果があるレジスタンスラインを表示
  • 全ての時間足および通貨ペアに対応
  • 利用料金は月額980円(無料期間は1週間)
  • 別ツールでEA化が可能

ResistanceLineSeekerEは、価格上昇の際の抵抗帯を示すインジケーターで、主にレジスタンスラインを描画します。

これは、高値や安値に自動的に水平ラインを描く一般的なタイプとは異なり、指定した期間内で仮想的に数百の水平ラインを引き、その中でローソク足が反発したことが確認できるラインのみを表示するという、一風変わった水平ラインインジケーターです。(表示される矢印はローソク足が反発した箇所を示します)

使用すると、人間の目で想定する抵抗帯とは異なる位置にありながら、なぜかその場所でローソク足が止まるという効果の高い抵抗帯が表示され、その威力に驚かされます。

このような特徴があるので、FX初心者でもライントレードが簡単にできるようになっています。

ResistanceLineSeekerEの使い方

ResistanceLineSeekerEをチャートにインストールすると計算後、チャートに効果が高いレジスタンスラインが描画されます↓
ResistanceLineSeekerEをインストールしたチャート

 

通常のトレーダーが引くレジスタンスラインよりも若干ズレています。

なので、基本的には「ライン」というよりは帯で観る方が正しく機能しやすいと思います。ラインに近づくにつれレートの動きに変化がありますので、ロスカットやエントリーとして利用する場合には、少し余裕を持って設定する必要があります。

基本的にはレジスタンスラインですが、突破されると今度はサポートラインとして機能します↓
レジスタンスラインがサポートラインに代わり機能

 

お手持ちのサインツールとの相性も良く、利確やエントリーのサインのロスカット設定にも役立ちます。

下記は近日発売予定のサインツールのチャートに「ResistanceLineSeekerE」を表示させたもので、上昇サインが点灯したあとにサポートラインとして機能していることが分かります↓

 

この場合、上昇サインは出ていませんが、ラインを根拠に再エントリーや追加エントリーが可能となり、トレード根拠の一つとなります。

ResistanceLineSeekerEの入手先

ResistanceLineSeekerEは、下記サイトからダウンロードできます。

>>ダウンロード先へ

ダウンロードして1週間は無料で利用できますので、継続して利用したい方は月額制への加入が必要となります。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。