テクニカル分析

アリゲーター+ボリンジャーバンド

アリゲーターと相性の良いインジケーター

前回アリゲーターを使ってトレンドを見極めようという記事を書きましたが、今回はよりレンジを見極めてアリゲーターをより上手く使う方法を書いていきたいと思います。

前回の記事はこちら↓

前回の記事でも説明した通り、アリゲーターはトレンドを見極めるインジケーターのため、レンジではあまり機能しません。

そのため、アリゲーターを活かすにはレンジを見極める必要があります。

レンジを見極めるインジケーターとは?

真田がレンジを見極めるために使っているインジケーターは「ボリンジャーバンド」です。
ボリンジャーバンドはかなり有名なインジケーターのため、知っている人の方が多いかと思いますが、真田はアリゲーターを入れる際には必ずボリンジャーバンドとセットで使っています。

ボリンジャーバンドを入れる事によってレンジを見極めることが出来るため、アリゲーターでトレンド転換時の初動を取ることができるようになります。

アリゲーターと相性の良いインジケーター

上の画像のようにボリンジャーバンドとアリゲーターを組み合わせて表示します。

ボリンジャーバンドの使い方など詳細はこちらの記事を参照下さい↓

アリゲーターと併用する時は、ボリンジャーバンドの中心の移動平均線があると見づらいので真田はBandsというインジケーターを使っています。
基本的な機能は通常のボリンジャーバンドと同様です。

Bansはこちらからどうぞ↓

Bands

ボリンジャーバンドを表示することによって、レンジとトレンドが視覚的に見えやすくなります。

アリゲーター+ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの上下の線が狭まっている時(スクイーズ)がレンジ、ボリンジャーバンドが広がっている時(エクスパンション⇒パラレル)はトレンドが出ていると判断します。

スクイーズの時はレンジのためアリゲーターのラインが緑・赤・青の順番となっていてもエントリーポイントではありません。

アリゲーター+ボリンジャーバンド エントリーポイント

上の画像のように上昇トレンドに転換した場合、ボリンジャーバンドがエクスパンションし、パラレルの状態になった時に、アリゲーターが上から緑・赤・青の順番になった時点がエントリーポイントとなります。

アリゲーターの三本の移動平均線の順番が崩れるまではトレンド継続のためポジションを保持することで利益を伸ばすことができます。
逆に、順番が崩れた時点でトレンド転換の可能性があるため、そのタイミングで決済します。

このようにボリンジャーバンドとアリゲーターを組み合わせる事によって、視覚的にレンジを判断し、トレンドの初動でエントリーすることができるようになります。
アリゲーターのラインの順番が崩れるまではトレンド継続となります。

アリゲーターとボリンジャーバンドは非常に相性の良いインジケーターなので、是非今後のトレードに活用してみて下さい。

お名前.com

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。