テクニカル分析

MarketScannerPROを有効活用するには?

MarketScannerPROを有効活用するには?

MarketScannerPROですが、最近は定番になりつつあります
fx-venomのおまけツールですが補助としては割と良い感じですね
ただ、勘違いしてはいけないのは、エントリーサインではなく方向性を確認する俯瞰的なツールとなります

全部赤は売り目線
全部青は買い目線

ただ、これだけなので難しく考える事はありません
サインの見方

MarketScannerPROの設定は難しくはありません
表示させる通貨ペアを入力
表示させる時間足を選択するだけです

MarketScannerPROの設定

実際に私がスキャルピングする時に使っているのが下記の設定です

PZ ChartOverlay
MarketScannerPRO
俺のメーター

MarketScannerPROを表示させているチャート

PZ_ChartOverlayは記事を書いていますので下記よりご覧ください

俺のメーターは自分が以前に使っていた物を調整したものですがトレードには欠かせないものとなっていますが無料配布しますね
俺メーターのダウンロード

下記は普段使っているスキャルピングのチャートです

売っても良さそうにも見えますが俺のメーターがレンジになっています
実際に、この後に10ピップス以上、上げていますし時間的には仲値前ですのでスキャルピングではエントリーを控える場面です

スキャルピングのチャート

MarketScannerPROをデイトレに使う

デイトレにも使っています
下記はポンドドルの1時間足を見ているチャートです
RCIの9が上昇中で、RCIパーフェクトのサインが出ています

MT4『RCIパーフェクト』インジケーターという手法|矢印サイン・メール・アラート・MAフィルター・誰でも簡単カスタマイズ

ただ、RCIの動き程は価格は上げていませんし、時間的にも伸びそうな気配がありません
MarketScannerPROは5分足と15分足は上方向を示唆しています
これが15時以降であればエントリーするのですが記事を書いているのは10時台ですのでエントリーは控えています
デイトレチャートポンドドル

RCIパーフェクトはMAフィルターとレベルを変更しています
RCIパーフェクトの変更箇所
画像には無いですが俺のメーターもレンジ中になっています

RCIは天底が取れるインジケーターですが、私の場合は動き出してから真ん中を頂くケースが多いです
もちろん、単一の時間足だけではなく他の時間足を見て複合的に判断します

当然ながら、オーダーも加味します

●DMMFX
DMMFX

●ヒロセ通商
ヒロセ通商

●オアンダ
オアンダ

●ワールドポジション
ワールドポジション

オーダーは単一証券会社の個人のオーダーだけでは不完全です
大口のオーダーと合わせて考えると精度が高まり、どこを狙いに行くのか複合的に考えMarketScannerPROで判断を早める事が出来ます

MarketScannerPROはこのように様々なやり方の補助として割と役立ちます

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。