カスタムインジケーター

逆張りサインを表示する無料インジケーター

逆張りサインを表示する無料インジケーター

逆張りサインを表示する無料インジケーター「mindicator」をご紹介します。

トレンド発生のサインを表示するツールは多いですが、レンジ相場に最適なサインを表示するツールはあまり見かけたことがなく、「mindicator」は他に類を見ない貴重なインジケーターかと思います。

海外サイトを検索しても分からず作者もロジックも不明ですが、通貨ペアや時間足によっては良いタイミングでサインが出ると評判です。

さっそくインストールしたチャートが下記になります↓

mindicatorの特徴

サブチャートのバーの数値がデフォルトで20以上になるとメインチャートに矢印サインを表示します。
オレンジ色のバーが20以上になると下降サイン、黄緑色のバーが20以上になると上昇サインが出ます。

 

mindicatorはレートの転換ポイントでサインがでるのでレンジ相場には最適ですが、一方でトレンドが発生するとダマシサインが多く出現します。ただトレンド相場になると使いものにならないと思われますが、見方によってはトレンド中の利確ポイントとして利用することもできます。

mindicatorのサインをエントリートリガーとして使用する場合、通貨ペアや時間足の選択が必要です。
できるだけトレンドが発生しずらい通貨ペアの方が機能しやすいと思います。

しかし、レンジ相場であってもレンジ幅が狭すぎるとスプレッドの影響もあり旨味がなくなります。

そこでオススメなのが、レンジになりやすいオセアニア通貨の「オージーキューイ」です。
ただし、下記のような15分足など短い時間足ではトレンドが発生してしまします↓

 

それが日足だと1,000pipsのレンジが数年継続しています↓

 

日足だとサイン精度も高いですが、それだとトレードチャンスが少ないです。
そこで4時間足や1時間足に落とすと値幅も回数も増えてきます。

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ FX ハイレバトレード派へ
にほんブログ村

>>mindicatorのDLはコチラ

まとめ

mindicatorはレンジ相場に強いサインを表示するインジケーターです。
レンジになりやすい通貨ペアや時間足を選択することで力を発揮しやすいです。

トレンドが発生しにくい相場状況でトレードすることをお勧めします。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

億トレ監修・たった2年で6億以上稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いてトレンドのごく一部を超安全パイで狙っていく手法で高勝率です!

1日10~20pipsを安定的に獲得し、毎日資金の2%の利益を目標にします。
*毎日2%の利益で口座資金10万円から始めても複利だと1年以内に1億円を超えていきます。

サインがでても慌てることなく冷静に判断できるので、サラリーマンの方にもご利用になれるサインをメール送信できる機能を搭載したサインツールです。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<



◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

「F15-easy」よりはトレード回数が多いので勝率は落ちますが、こちらもサインをメール送信できる機能を搭載しています。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<



◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

パソコンを見れる時間が少ない方向けにもオススメでサインをメール送信できる機能も搭載。
サインが出ても即エントリーせず押し目を待ってゆったりトレードできます。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。