テクニカル分析

ラウンドナンバーのアイキャッチ画像です

ラウンドナンバーを意識してみよう!

FXフレンズの北原です。

今回はラウンドナンバーについて紹介したいと思います。

ラウンドナンバーとは?

ラウンドナンバーって聞き慣れない言葉かもしれませんね。

私もFXをやるまでラウンドナンバーなんて知りませんでした(^_^;)

一般的に言うキリ番とか節目とか、そんな数値です。

例えばドル円を例に取ってみると、110円や111円、112円など1円刻みの値です。

ここでは、時間足が大きいチャートでラウンドナンバーがどのように影響するか見てみます。

(10円刻みのラウンドナンバーを見てみます)

ドル円のラウンドナンバーです

20年分くらいのドル円の動きです。画像はクリックすると大きくなります

どうでしょう?

ラウンドナンバーのあたりでモミモミしたり、

跳ね返ったり、支えられたり、色々読み取れそうですよね~

ただ、なかなか普段10円も動くことって短期間ではないですよね(^_^;)

もう少し直近で、1円ずつのラウンドナンバーにラインを引いてみると~

FXラウンドナンバーと1円刻み

どうでしょう?

ピンクの線が10円刻みのラウンドナンバー、黄色い線が1円刻みのラウンドナンバーの線です。

意識されているであろうところに、赤丸を付けてみました。

 

もう少し過去も見てみましょうか。

FXラウンドナンバードル円の過去チャート

どうでしょうかね。

ラウンドナンバーはやっぱりとっても意識されているって読み取れると思います。

ラウンドナンバーを一気に突破したり、、モジモジしたり、

何度も何度もチャレンジしてやっと超えていったり、はねかえされたり、はたまた支えられたり

「ラウンドナンバー」って特別に名前があるくらい、とっても意識されるんだなって感じてもらえると思います。

ラウンドナンバーのラインの引き方

ラウンドナンバーのラインの引き方を紹介します。

まず、チャート上にラインを大体でいいのでラウンドナンバーのあたりに引きます。

(ラインの引き方がわからない場合は下記を参考にして下さい)

 

例えば110円に引く場合、

ラインを大体のところで引いたら、そのラインのプロパティを開きます。

パラメーター」を選択して、価格に110と入力して下さい。

ラウンドナンバーのラインの引き方数値設定の画像説明です

これでOKを押すと、110.000円ピッタリにきれいに線を引くことができます。

 

ただ、これだと、1本ずつラウンドナンバーを引いてなかなかめんどくさい!!

そんな時は、「Grid_Builder」を使うと便利です。

→Grid_Builderのダウンロードはこちらから

上記からダウンロードしたら、解凍してMT4に入れてください。

MT4への入れ方が分からない方は下記を参考にして下さい。

 

Grid_Builderのパラメーターを選択

Grid_Builderのラウンドナンバー設定
赤く囲ったところを1000にします。

これでドル円なら1円=100pipsという設定になります。

実際にチャートに入れてみると

Grid_Builderで1円刻みのラウンドナンバー設定

点線であっという間にきれなラウンドナンバーが引くことができました(^^)

ラインに色はつけれませんので、色を付けたい場合は、点線の上から好みの色でラインを引くといいのかなと思います。

 

ラウンドナンバーをうっかり見落とすことを防ぐためにも、

チャート上に前もってラウンドナンバーの線を引いておくことがおすすめです。

FXを取り組む上で、ラウンドナンバーは意識すべき数値であり、

FXのチャートをさらに読み解き、トレードの手助けに必要なものだと思います。

ぜひ取り入れてみて下さいね!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。