FX初心者

FX相場における調整とは?

FXで調整とはどういう意味?2種類の調整を分かりやすく解説

FXのニュースを見ていると『調整(又は調整局面)』という言葉が出てきますよね。

一般的には、それまで続いてきた値動きが一旦小康状態になったり、トレンドと逆光する動きを見せたりする時に使われる言葉です。

相場の用語は独特なので、イマイチ意味が分からない方も多いと思います。

誰が何を調整するのか?意味不明ですからね(笑)

でもここを理解すると、FXに限らず相場の原理原則が見えてきます。

相場の調整を分かりやすく解説するとこうなります。

誰が → 相場を動かす大口
何を → ポジション

調整とは、相場を動かす大口がポジションを調整する事です。

調整には2種類の目的がありますが、分かりやすく掘り下げて解説するので、まだよく分からなくても大丈夫です。

この調整が分かると、値動きの意味も分かるようになるのでトレード戦略を立てるのに役立ちますよ。

価格の調整(大口の利益確定注文)

調整の1つ目の目的は、価格の調整や値幅調整と呼ばれるものです。

価格の調整の真意=大口の利確によるポジション量の調整

上昇トレンドを例にイメージ図を用いて解説します。

下の方から買いポジションを集めてきた大口さん。
含み益が溜まったら、どこかで利確しなければいけません。

大口機関投資家の思惑

買いポジションの利確は「売り注文」ですよね。

しかし大口が抱えているポジションは想像を絶する量なので、一気に利確をしてしまうと膨大な売り注文によって価格が一気に急落します。

大口による価格調整(利益確定)のイメージ

こんな事をしていては価格が下がった所で利確するポジションも出てくるので、正直あまり美味しくありませんよね。

そこで賢い大口さんはどうするか。
上昇トレンドを崩さないように少しずつ利確することで、なるべく高い位置で買いポジションの決済を行います。

大口による価格調整(利益確定)のイメージ

上のイラストを見ると分かりますよね。
トレーダーが「上昇トレンドの押し目買い!」と思う場所は、大口が利確をしている場所なんです。

上昇でも下降でも、一直線に価格はトレンド方向には動きません。

価格の調整まとめ

一時的にトレンド方向とは逆に動くことを調整と言いますが、その裏側では上記のように大口のポジション調整(利益確定)が行われています。
それが押し目となり新たな買い注文が入る→上昇トレンド継続→大口の利確→押し目となって…という具合に繰り返され、大口が全てのポジションを利確するとトレンドが終了します。

時間の調整(大口の相場を動かす準備期間)

調整の2つ目の目的は、時間の調整や日柄調整と呼ばれるものです。

時間の調整の真意=大口が相場を動かすための準備期間

そもそも相場にトレンドを発生させるには、大口だけの資金量では限界があります。
そこで必要になるのが「損切り」です。

レンジ相場のブレイクを例に、損切りの効能をイメージ図を用いて解説します。
レンジをブレイクする仕組み

大口が価格を上昇させたいと考えているならば、レンジの下限で買いポジションの溜め込みます。

その間、レンジ上限には売りポジションの損切りが溜まるので、頃合いを見計らってブレイクさせる為の新規買い注文を出せば、損切りによる買い注文が加わって価格が一気に上昇します。

ブレイク後は多くのトレーダー達が飛びついてくるので、更に価格が伸びる仕組みです。

大口は自己資金でブレイクまでを演出すれば、後は勝手に相場参加者がトレンドを作り上げてくれる手助けをしてくれるという訳ですね。

時間の調整まとめ

時間の調整とは、相場を動かす為の起爆剤となる損切り注文が溜まる様子を見ながら、大口がポジションを仕込んでいる期間を意味しています。
「まだ準備してるからもう少し待っててよ!」という事です(笑)

ポンドドルのチャートから見る調整局面の意味

今が相場の中でどういった状況なのかを見極めるのは「価格の調整」と「時間の調整」の2つの考えが役に立ちます。

下記はポンドドルの日足チャートです。
調整局面と思われる場所を記したポンドドルの日足チャート

レンジになっている部分を囲みましたが、「時間の調整」をした後に大きく価格が動いているのが何となく分かりますよね。

レンジをブレイク → トレンドを形成 → 大口の利確(価格の調整)→ 時間の調整でレンジ入り…を繰り返しているようにも見えます。

調整の意味を理解した上で大口の目線でチャートを見ると、今までよりも相場状況が見えてくると思います。

時間調整
・大きな値動きを発生させる前に大口がポジションを溜め込む
・トレンドの起爆剤となる損切りを溜める
 
価格調整
・大口がトレンドを崩さないように良い位置で利確する
・大口の利確を一般投資家が押し目買いや戻り売りをしてトレンドが続く

これがFXにおける調整の中身です。
FXだけではなく、あらゆる相場に共通しているポイントでもあります。

調整を知れば値動きの意味も分かるようになるので、是非トレード戦略にお役立て下さいね。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。