カスタムインジケーター

ボリンジャーバンドの状態を3色バーで表示するインジケーター「WelchBBWidth」

ボリンジャーバンドの状態を3色バーで表示するインジケーター「WelchBBWidth」

ボリンジャーバンド幅の状態によってサブチャートにバーで色分けして表示するインジケーター「WelchBBWidth」をご紹介します。

ボリンジャーバンドの幅はボラティリティーが上がると広がり、下がると縮小する特徴があります。「WelchBBWidth」はバンド幅の状態をトレンドバーのようにサブチャートに3色で表示させます。

パラメーターで設定した値を基準に相場が穏やかな状態であれば、緑色のバーになり動きが出てきそうになると黄色バー、トレンド状態になると赤色バーと変化していきます。

WelchBBWidthをインストールしたのが下記ですが、分かりやすいようにメインチャートにはボリンジャーバンドを表示させています↓
WelchBBWidth

 

バンドウィークやバンド横断が発生するとWelchBBWidthのバーの色が赤くなる傾向があります↓
赤色バーになる特徴

 

WelchBBWidthが赤色バーになっただけでエントリーするのは危険ですが、ボラティリティーが上がっているのは確認することができます。

WelchBBWidthの設定

WelchBBWidthのパラメーター設定(デフォルト状態)です↓
パラメーター設定

・BandsPeriod・・・ボリンジャーバンドの期間
・BandsShift・・・ボリンジャーバンドのシフト
・BandsDeviations・・・ボリンジャーバンドの偏差(幅)
・MinRangePercent・・・最小幅の割合
・WidthCalcPeriod・・・幅の検出期間
・ShowWidthLine・・・バンド幅のライン表示設定

WelchBBWidthの活用法

WelchBBWidthはバーの色だけでトレードするには向いていませんが、トレードを回避するフィルターとしては機能します。メインチャートにボリンジャーバンドを表示すれば視覚的に分かりますが、ボラティリティーが低い状況が続くと視覚だけでは分かりずらくなります。

そんな状況でもWelchBBWidthが緑色バーであればエントリーする状況でないことが一目で認識できます。なお、ボリンジャーバンドはレンジ相場での逆張りに使われることがありますが、それはボリンジャーバンドがスクイーズしている時でWelchBBWidthのバーが緑色の時です。

このようにWelchBBWidthだけでもある程度トレード可能か判断することが可能です。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。