ファンダメンタル分析

ローソク足上に経済指標を表示するインジケーター「HU_Economic_Indicators」のレビュー

ローソク足上に経済指標を表示するインジケーター「HU_Economic_Indicators」のレビュー

ローソク足上に時間ごとの経済指標を表示可能なインジケーターをご存じですか?

MT4に経済指標を一覧表示するインジケーターは、これまでも多数がありましたが、ローソク足上に対象となる経済指標を表示できるインジケーターは珍しいのではないかと思います。それを実現したのが「HU_Economic_Indicators」という無料インジケーターで、これまでのインジケーターよりも視覚的に分かりやすく、発表時間のローソク足にライン表示できるところに魅力を感じています。

指標情報は国内でも信頼性が高いヤフーファイナスを採用しています。
まずはHU_Economic_Indicatorsの下記チャート画像を見てください↓
ポンドドルチャート

 

ポンドドルの5分足チャートですが、英国以外でも発表時間のローソク足に縦ラインで全世界の指標発表情報(通貨ペア、重要度、内容)が表示されています。各表示は文字が小さく見にくいですが、確実に指標があることが分かりやすく表示されています。


実は、これが重要でこれまでの一覧表示だと見過ごすことが多かったと思いますが、これだと非常に目立って見過ごすことがないかと思います。もちろん、これまでの指標表示インジケーターのように一覧表示することは可能ですが、それだとチャートの大半を覆ってしまいウザい感じがします。
指標一覧

 

これらの表示はボタンをクリックするだけで瞬時に非表示にすることができます。
表示の切替え

 

さらにアラームやメール通知で指標発表前に知らせてくれる機能が便利です。
発表前の時間設定はパラメーター設定から変更できます。
アラーム設定

 

指標の重要度は★3段階に分かれており、重要度ごとに表示設定ができます。
たとえば、重要度3だけ表示することも可能です。
各指標の表示設定

HU_Economic_Indicatorsの活用方法

HU_Economic_Indicatorsは指標を事前に知らせてくれるだけの便利インジケーターだけではありません。チャート上の該当するローソク足上にライン表示されることから過去チャートを検証する上でも非常に有効に使えます。

過去チャートをみていると急騰や急落の場面がありますが、それがテクニカル的なものなのか、それとも指標発表などによるファンダメンタル的なものなのか、HU_Economic_Indicatorsがあるとすぐに理由が分かります。もちろん、指標意外の突発的な要人発言やニュースには対応できませんが、ある程度の大きな動きなどは把握することができます。

HU_Economic_Indicatorsの設定方法

HU_Economic_Indicatorsはインジケーターですが、【Indicators】フォルダーに入れても動作はしません!EAと同じく【Experts】フォルダーにいれてEAと同じような設定にすることが必要です。

ですので、設定に関しても「表示中のインジケーター」には表示されることはなく、「エキスパートアドバイザー」⇒「設定」から編国することが必要です。

ダウンロードおよび設定の仕方は下記サイトを参考にしてください↓
>>HU_Economic_Indicatorsのダウンロードへ

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-friends」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-friends」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。