FX教材

トレード大全インジゲータ v1は本当の高勝率なのか?

トレード大全インジゲータ v1は本当の高勝率なのか?

「高勝率!こんなの欲しかった!トレード大全インジゲータ v1」の評判が良く、気になったので入手しました。タイトルには「インジケーター」とありますが、結論から言うと「サインツール」でロジックは公開されていません。

2つのインジケーターの方向が一致した時にエントリーするため、上位足と同じ方向にトレードするトレンドフォロー型のサインツールですね。対応する時間足や通貨ペアの制限はなく、どんなトレードスタイルにも適応できますが、リペイントはないもののサイン数は少ない傾向にあります。

トレンドが発生するとトレンドが終わるまでサインが出ないので、押し目でエントリーするには裁量が必要となります。

たとえば下位足に切り替え「トレード大全インジゲータ v1」でのサインでエントリーしようと思います↓
5分足チャート

 

しかし下位足であっても深い押し以外は、上位足と同じようにトレンド中はサインが出ないことが多くあります↓
1分足チャート

 

トレード回数を増やしたい方は時間足を小さくし、さらに複数通貨ペア監視するか、もしくはトレンド発生中に何らかの裁量を使ってエントリーする必要があります。一方、レンジ相場では、ルール通りにトレードするとロスカットを頻発するか、もしくはエントリーできない状況が続くことになります。

サインツールなので当然サインの取捨選択が必要ですが、残念ながら「トレード大全インジゲータ v1」には詳しい説明がないので、ルール以外の使い方が分からない方にとってはトレンドが付くにくい相場では苦戦する可能性が高いです。
(*相場状況は3~4ヶ月ごとに変わることが多いのでEA同様に相場との相性が合う時には爆益ですが、その逆もあり得ます。)

一方で既にトレード手法が確立されており、さらに精度を上げるため「トレード大全インジゲータ v1」を根拠の一つと思って利用される方には有効になるかと思います。

トレード大全インジゲータ v1の売買ルール

トレード大全インジゲータ v1での主要なインジケーターは「Overview trend」と「Overview Signal Trader」です。その他にもありますが、あくまで応用として各自が考えて採用する必要があり、そのあたりの詳しい説明もないので、FX初心者には「宝の持ち腐れ」となるかもしれませんね。

「Overview trend」が大きなトレンド方向を現すインジケーターでチャートの右上に大きな矢印で表示されか、トレンドがないときは灰色の四角で表示されます。

 

トレンドが発生していない状態↓
ノントレンド

 

さらに「Overview Waves」ではトレンドの強さを3段階で表示します。

Wave1:トレンドが弱い
Wave2:ミディアムトレンド
Wave3:強いトレンド

同じ通貨でも同一時刻に時間足を変えると「Overview Waves」の状態も変わってくるので、果たしてどの上位足を基準に判断しているかは不明です。

一方の「Overview Signal Trader」はチャート上に矢印サインを出すインジケーターです。

エントリー

エントリーは「Overview trend」と「Overview Signal Trader」が同じ方向の時にエントリーします。

下記では「Overview trend」に上向きの矢印が出ているので、チャート上に「Overview Signal Trader」の上矢印が出たタイミングで買いエントリーを行います↓
買いエントリー

決済

ロスカットは直近の安値または高値です。

決済はチャート上にエントリーとは逆のサインが出るか、ロスカット幅の2倍を最低利確ラインとして設定します。

トレード大全インジゲータ v1の問題点

エントリー、決済ともに明確なルールで誰でもツールさえインストールできれば簡単にトレードすることができます。ただルール通りトレードして勝てるかが問題ですが、正直ルール通りトレードしてもトータルで勝てません。

トレンドフォロー型である以上トレンドが発生しなければロスカットを繰り返すことになるので、トレンド発生をいち早くとらえることが重要となります。

しかしレンジからのブレイクと思っても必ずブレイクした方向にトレンドが発生するわけではなく、またレンジ内に戻ったり逆の方向にトレンドが発生する可能性もあります。

 

結果的には綺麗に狩られています↓

 

1分や5分、15分などスキャルピングやデイトレだと上記のようなダマシは結構あります。

先ほどのチャートでも「Overview trend」の方向が合っていたかは不明ですが、過去サインでエントリーしたとしても、ルール通りだと結構ロスカットを喰らっていることが分かると思います↓

 

トレード大全インジゲータ v1の性質上ブレイク狙いだと失敗も多く、ロスカット貧乏に陥る可能性があります。それを防ぐにはブレイク直後のサインを狙うのではなく、トレンド確認後の押し目や戻りを狙う必要があります。

特に15分足以下でトレードする方は、サインのダマシを回避するためトレンドが発生しやすいフィルターとして下記を意識してください↓

・欧州、米国時間のトレードに絞る
・重要指標発表2~3時間前のトレードは控える
・ボラティリティが小さい通貨ペアでのトレードを避ける

これらを意識した上で冒頭でも書いたように「トレード大全インジゲータ v1」には追撃サインがでないためエントリートリガーを自ら探す必要があります。

エントリートリガーは、平均足の色変わり、MACDやMAをはじめとするゼロラインクロス、その他にも有名なオシレーターのレベルクロス、プライスアクションなど正直根拠となっていれば何でも良いです。ただ、それ単体で使うと効果が薄くなるので、環境認識は必要となりますが、それさえ問題なければ驚異的なトレードが実現できます。

まとめ

オススメのエントリートリガーを紹介しようと思いましたが、少し長くなったので次回に追記することにします。

トレード大全インジゲータ v1はトレンドさえ発生すれば難なく勝ちやすいツールですが、それは他のサインツールと同様です。逆にトレンド発生しにくい相場でいかにダマシサインを回避できるかによってツールの本質が問われます。

ロジックの公開もなく、サインの取捨選択の説明が十分でないサインツールは初心者向けとは言えず、ただルール通りのトレードだけでは相場状況が変われば使い物にならなくなる可能性があります。

一部の方は使いこなせても万人が使いこなせる補償はなく、そのあたりを理解した上での購入が必要かと思います。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。