学習

MT4裁量トレード練習君プレミアムのメリットと使い方

MT4裁量トレード練習君プレミアムのメリットと使い方

MT4裁量トレード練習君プレミアムを使っているFXフレンズの毛利です。

FXにおいてトレーディングスキルを鍛えることは必須です。
とくに新しく導入する手法などは、事前に通用するか試したいですよね。

手法だけでなく新しいサインツールなども実践でいきなり使うよりもデモなどで試してから使いたいと思います。そこで、今回はトレーディングを鍛えるうえで役立つツールをご紹介します。

先ほども言いましたが、毛利が使っている「MT4裁量トレード練習君プレミアム」です。

MT4裁量トレード練習君プレミアムのメリット1このMT4裁量トレード練習君プレミアムのいいところは、普段使っているインジケーターがそのまま使える所ですね!チャート上で右クリックし、テンプレを読み込ませることで実践と同じ感覚で使えますから非常に便利です。サインツールなども実践と同じように機能します。(*一部のサインツールは使えないものもあります。)

MT4裁量トレード練習君は無料版と有料版がありますが、無料版は有料版と比べると機能を制限されています。

MT4裁量トレード練習君プレミアムのメリット2同通貨ペアの複数足を同時に表示できないのと指値と逆指値が無料版では使えないのが痛いところですが、練習君プレミアムなら実現できます!

スキャルピングをする際も上位のチャート足で環境認識してトレンドと同じ方向にエントリーすることは基本ですから、それができないとなるとかなり厳しいと思います。

なので投資と思って最初から有料版の「MT4裁量トレード練習君プレミアム」を使った方がおすすめで、ロット数にもよりますが数回のトレードで「MT4裁量トレード練習君プレミアム」の費用をペイすることも簡単です!

MT4裁量トレード練習君プレミアムのメリット3練習君プレミアムでトレード練習した結果を記録できるところは評価したいと思います!
MT4のバックテスト機能と同様なレポートが作成できます。
その結果、自分の負け癖や勝ち癖を把握することが可能かと思います!
MT4裁量トレード練習君プレミアムのメリット4

自分が編み出した手法や新しく採用したサインツール導入での検証として使えます!
特に有料のサインツール通りでトレードして、サインが有効なのか過去データを用いて検証することによって損失を出さずに評価することができます!
しかも、先ほどの記録としてPFなどを含めたデータ歳検証できるので可成り有効です!

>>実践同様に機能する有料版はコチラ

MT4裁量トレード練習君プレミアムの使い方

まずはトレーディングする通貨ペアのヒストリーデーターをダウンロードします。
MT4にヒストリーデーターをインポートする方法は下記記事を参考にされてください↓


ヒストリーデーターをインポートしたら下記画像の赤丸をクリックしストラテジーテスターボックスを表示させます。
ストラテジーテスターボックスを表示するボダン

 

ストラテジーテスターボックスが表示されました。
ストラテジーテスターボックスが表示された画像

 

下記画像のエキスパートアドバイザーで「MT4 Training Premium Ver××」を選択しダブルクリックします。
エキスパートアドバイザーで「MT4 Training Premium Ver××」を選択する画像です

 

次にトレーディングする通貨ペアを選択しダブルクリックします。
今回はユーロドルを選択しました。
通貨ペアを選択する画像です

 

次にモデルです。
全ティックの方が練習にも適していますので選択しダブルクリックします。
モデル設定で全ティックを選択する画像です

 

次に期間です。
トレーディングするチャート足になります。とりあえず5分足を選択しダブルクリックします。
チャート足を選択する画像です

 

スプレッドを入力します。お使いの証券会社のスプレッドに合わせるといいかと思います。
注意する点はpipsではなくポイント数なのでpipsの10倍を入力します。
スプレッドを入力する画像です

 

MT4の「ファイル」⇒「データフォルダを開く」を選択しクリックします。
データフォルダを表示する画像です

 

データフォルダーが表示され「MT4 Training Premium VerXX.exe」をダブルクリックしてMT4裁量トレード練習君プレミアムを起動します。
データフォルダーから「MT4 Training Premium VerXX.exe」を選択し起動する画像です

 

MT4裁量トレード練習君プレミアムの認証ウィンドウが表示されますので「認証」をクリックします。
認証する画像です

 

すると「MT4裁量トレード練習君プレミアム」が起動します。
MT4裁量トレード練習君プレミアムが起動した画像です

 

「エキスパート設定」をクリックすると「MT4裁量トレード練習君プレミアム」の設定パラメーターを編集できます。ここで指値や逆指値が設定できます。
パラメーターとして設定された数値はエントリーすると自動的に逆指値と指値が入ります。
MT4裁量トレード練習君プレミアムのパラメーター設定です

 

下記画像のスタートをクリックすると裁量トレードが開始できます。
裁量トレードをスタートした画像です

 

下記画像の「アップデート待機中」のあとに設定したチャートが動き出します。
アップデート待機中と表示された準備画像です

 

動き出すと「MT4裁量トレード練習君プレミアム」ウィンドウの「一時停止/再開」をクリックするとチャートの動きが停止します。ここでチャート上で右クリックし定型チャートでテンプレートを選択することで普段使用しているインジケーターなどを利用できます。
定型チャートを選択する画像です

 

今回は、MT4裁量トレード練習君プレミアムでドラストFXを動かしてみます。
定型画像でドラストFXを選択した画像です

 

MT4裁量トレード練習君プレミアムの「一時停止/再開」をクリックすると再びチャートが動き出します。
チャートが動き出した画像です

 

下記の右側画像でトレンド転換の矢印が出たので買いエントリーしました。
すると逆指値(ロスカット)と指値(利確)ラインがそれぞれ表示されています。
先ほどの「MT4裁量トレード練習君プレミアム」のパラメーター通り指値(利確)10pips、逆指値(ロスカット)15pipsでラインが表示されています。
パラメーターで設定したSLとTPラインが表示されたが画像です

 

ただ逆指値が甘かったせいか、ロスカットされました。エントリーした位置とロスカットされた位置に矢印が表示(トレード結果)がされています。(赤丸のところです)
SLに引っ掛かった画像です

 

ちなみに逆指値、指値ともにラインをダブルクリックすることで移動可能です。ダブルクリックするとラインの両端の白い点(両端の赤丸部分)が表示されていることが分かると思います。

この状態でラインを上下に移動することができます。
ラメーターで設定したSLとTPラインをダブルクリックして移動できる画像です

 

MT4裁量トレード練習君プレミアムを停止するときは下記画像の「ストップ」をクリックします。
クリックすると音が鳴りますので終了したことが分かると思います。
MT4裁量トレード練習君プレミアムの停止した画像です

 

下記画像のレポートタブをクリックするとMT4裁量トレード練習君プレミアムでのトレーディング結果を見ることができます。
トレーディングの結果がMT4で表示した画像です

 

結果上で右クリック、「レポートの保存」をすることでHTML形式で結果を残すことが可能です。
トレーディングの結果をHTML形式で保存する画像です

 

EAのバックテスト同様のレポートを閲覧することができます。
ここで自分の裁量でのトレードを振り返ることができます。
トレーディングの結果をHTML形式で表示させた画像です

>>実践トレードと同等体験したい方はコチラ

以上、簡単に「MT4裁量トレード練習君プレミアム」の使い方について解説しました。無料版と比べると遥かに有料版の方が実践トレードに近く新ツールや手法などの検証にはオススメです。

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。