カスタムインジケーター

MT4一括決済イメージ画像

MT4で一括決済をする方法(有料と無料)

MT4で一括決済するには有料ツールを購入する、又は無料で配布されているスクリプトを使う方法があります。

無料ツールも確かに便利ではありますが、大切なお金を扱うツールという観点から、個人的にはサポートやアフターフォローが万全の有料ツールをお勧め致します。

伊能の場合、細かくエントリーすることが増えました。

理由はFXユーチューバー及川圭哉さんの影響があります。彼の動画やブログを見るようになって細かいエントリーが増えました。

ナンピン目的よりも打診での細かなエントリーや追撃、半益を簡素化にするために細かくポジションを持つことが多くなってます。

0.1秒でも決済がずれると予定していた決済額とずれてガッカリする事もありました。

MT4で一括決済できるツールがあると、瞬時にポジションをまとめて切れるので便利です。

一括決済方法〜有料ツール

伊能の場合、一括決済する時は、FXism・及川圭哉さんが開発したMT4便利ツール「プロコントローラー改」を使っています。

FXism・及川さんは複数ポジションで攻めるので、そのトレードスタイルを元にして開発されているのが特徴です。

・特定の通貨ペアの一括決済
・複数通貨ペアにまたがる保有ポジションの全決済機能
・各ポジションの獲得pips数をチャート上に表示
・損益分岐ラインを表示

このように有料ツールならではの豊富な機能があり、スキャルピング~デイトレには使い勝手の良いツールです。

使わない無駄な機能があるのではなく、トレーダーの「あると便利だな」という機能が揃っているので、MT4の操作性が一気に上がります。

こちらの記事でレビューしているので是非ご覧下さい。

 

公式ページの解説は下記からアクセスできます。
>>プロコントローラー改の詳細はこちら

一括決済~無料ツール

MT4の一括決済機能は通常のMT4には付属されていません。

ですが、親切な方もいらっしゃいます。無料で一括決済機能をダウンロードできますので、紹介します。
ナイトさんのTwitterからこの一括決済機能がダウンロードできることを最近知りました。

一括決済だけを望んでいるMT4ユーザーは「SpeedMT4-1.35」をお試しください。

なお、導入手順書は用意されています。
通常のMT4が使える方であれば、手順書は必要ありません。FX初心者の方はダウンロードファイルに内包されていますので、手順通りの順番でインストールしてください。

それ以上の使い方マニュアルなどはないようなので、自分で使いながら勉強してくださいとのことです。
作者に迷惑の掛からないようにお願いします。
なお、MT4だけでなくMT5でも使えます。

最終的にMT4に「SpeedMT4-1.35」をダウンロードして、下記の決済画面が表示されて、ニコニコマークが出れば準備完了となります。
一括決済完了イメージ

MT4の一括決済まとめ

利益が減らないうちにワンクリックで決済したり、急な変動で相場が荒れた時に瞬時に逃げたりと、一括決済は全トレーダーが使うべき機能です。

大切なお金を相場で張っているのですから、利確と同じだけ逃げ足は重要です。

冒頭でもお伝えしたように、個人的にはサポートやアフターフォローも万全なプロコンという有料ツールをお勧めします。

一括決済機能だけではなく、複数のポジションを持つスタイルの方はトレード環境がガラッと変わる機能が備わっています。

有料になりますが、プロコントローラー改は見ておくだけで参考になるツールです。

>>プロコントローラー改の詳細はこちら

レビュー記事は下記をご覧下さい。

無料ツールで賄うのも悪くありませんが、複数通貨の全決済機能はありません。

トレード環境を整える意味でもプロコントローラーはいいですよ。

ちなみに、細かくエントリーしながら、一括決済を使うことで、伊能は確実に勝率はアップしました。

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、4種類のサインツールをリリース致しました。

◆5分足専用サイン「F5-simple」◆

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。