トレード手法

AOとACを使ったデイトレ手法

AOとACを使ったデイトレ手法

AOとACはMT4に標準で搭載しているインジケーターです
ビル・ウイリアムスのインジケーターですが使っている人は少ないですよね?

私はAOとACは割と好きでよく使っています
AOAC with alertと移動平均線を付け加えると割と精度が高いのでデイトレとして紹介します

このデイトレ手法は監視している通貨ペアが9~15ありますので、その中から1通貨ペアのみ行っています
つまり、1日1回しか行いません

そういう鉄板エントリー専用の口座を持っていますので、むやみやたらエントリーするわけではありません
チャートは9月13日金曜日のドル円のチャートですが、この日はスキャルの新しいトレード手法を行っていましたのでこの手法は行っていません
もし、行っていたならキウイドルをやっていたと思います

〇キウイドル
キウイドルチャート

まず、知っておきたいのはAOは比較的中期間の波
ACは短期間での波となります

AOAC with alertはAOとACが揃った時に同色となります

トレード方法は簡単ですが、チャートをにらめっこして本当にそれはエントリーして良いのか?
明白な理由があるのかと自問自答する事ですね

まず、チャートですが30分足を使用します
相場観的に今週は106円~108円のレンジと予想していましたから少し下がった所から買いを狙います

余談ですが、来週は107円~109円のレンジで予想しています
ドル円のよくある2円レンジですね
その後は消費税増税でやや円高です
消費税増税は好感されるはずですからね

FOMCがあるので月曜日は除いて前半は動きが少ないとは思っています

ECBで安値切り下がりましたが全戻しですので、ここは無かった事にして安値切りあがり高値切りあがりと考えてます
仲値あたりから下がってきたので切り替えすところを朝から狙っていました
(狙っていたのは別の手法ですが相場観は変わらないので同じです)

AOとACが一致したところで5分足に切り替えます

〇ドル円30分足
ドル円30分足

〇ドル円5分足
ドル円5分足

5分足も同じような動きを探してエントリーです
結果的にはスプレッド込みで7ピップスほど含み損を抱えて、利確が前の高値のヒゲ下ですので7ピップスほどの利益でした

短期水平線が引ける場所でも良かったですよね
(上の線です)

ドル円利確位置

こうして書くと後出しのように聞こえますが、FXフレンズメンバーの清水に電話で話を先にしていましたので価格の伸び方も予想通りとなっています
急に上がると言っていたんですね

通常の口座で行う際には30分足の移動平均線の切り替わりや30ピップス程度を狙う場合も多いです
移動平均線の波から値動きの荒い通貨は別として半日くらいでの波が多いです

場面によっては突っ込んで売ったり買ったりするケースにも遭遇します
その時は3回上がってとか3回下がってなどを意識しておくと良いでしょう

ドル円100万円キャッシュバック

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。