テクニカル分析

FXのはらみ足と包み足をマスターして勝率をあげる!

FXの包み足とはらみ足をマスターして勝率をあげる!検知インジプレゼントあり

FXの包み足とはらみ足についてご紹介します。

包み足とはらみ足は、ロウソク足の組み合わせの中でも有名なので意識しているトレーダーも多いです。時間足が切り替わる残り数秒で、意図的に作られることもあります。

時間足が切り替わった時に注意深く見て、価格を下げたい勢力と上げたい勢力のどちらが勝ったかを判断するのにも使えます。結果として包み足とはらみ足がトレンド転換の始まりになる場合も多いので、利確やエントリーの準備などにもおすすめです。

*記事の最後に包み足を検知するインジケーターのプレゼントあります。

FXの包み足とはらみ足の基本

まずはFXの包み足とはらみ足の基本について書いていきます。
株の包み足とはらみ足とは少しだけ違うので、その点も書きます。

注意点図はいずれも価格が上昇してきた時に出現した包み足とはらみ足になります。
価格が下がってきた場合は逆に考えてください。

 

包み足

FXでの包み足の一般的な定義・1つ前のローソク足である高値安値を現在足のローソク足の高値安値が包んでいる。
・1つ前のローソク足の安値(高値)よりも現在足の終値の方が安い(高い)

しかし、自分の場合はそこまで厳密に定義せず下の図のように陰線ロウソク足の実体が直前陽線の実体より長くなっていて、さらに安値(髭の部分)が安くなったものも包み足として判断しています。
つつみ足

高値については若干短くなっている、もしくは同じ価格になっている場合と自分では定義しています。(高値も長くなっていると定義している人も多いですが。)

はらみ足

下の図の陰線が、はらみ足となっています。
つつみ足

まず、ロウソク足の実体が直前の陽線よりも短く、さらに髭の部分も短くなっています。

はらみ足の定義としては、髭の部分は長くなってもOKとするものもありますが、自分としては、実体も髭も両方とも短いものをはらみ足としてみています。

また、株では下の図のように、ロウソク足の実体が完全に短くなっているものを指しますが、FXでは週明け以外は窓をあける(チャート上で価格がとぶ)ことがほとんどないので、この形で定義しません。

はらみ足

 

FXの包み足を使ったトレード手法

それでは実際に包み足を使ったトレード手法について書いていきます。

包み足とはらみ足という有名なロウソク足の組み合わせですが、自分が実際のトレードで使っているのは主に包み足です。

はらみ足も確かにトレンド転換の始まりとなっている場合が多いのですが、はらみ足以外にも見た方が良い部分が多いですし、安易にエントリーしてしまうと、逆にそのままトレンドが継続してしまう場合も多いからです。

特にFX初心者の場合、まずは包み足に集中した方が良いと思います。

というわけで、今回は包み足を使ったトレード手法について書いていきます。

包み足

上のチャートはEURUSDの4時間足になります。
包み足を見る場合は1時間足以上の長い足で見るのがおすすめです。)

先ほどの条件をみたしている包み足は1と2の2箇所になります。

1の部分の説明1の部分では、20PIPS程度下がった後一度価格が上昇して直近高値を超えているので、微益での逃げか、ロスカットになります。

2の部分の説明2の部分では、40PIPS程度下がった後で、一度上昇して、その後200PIPS程度下がっています。こちらはロスカットの位置を直近高値においてあれば、かなりの利益になります。

出現する頻度は少なめですが、勝率も高く、リスクリワードもかなり良いのでおすすめです。

FXの包み足での精度を上げるトレード手法

上記のように包み足はトレンド転換となる場合が多いですが、より精度を高めるためには、下位足をみるのをおすすめします。

包み足

上の2の部分の15分足をみてみると・・・
包み足を使ったトレード

4時間足の包み足が確定した後で1の水平線まで一度戻ってきて、その後価格が下がっています。

このように、より短い足でタイミングを測るとより良いエントリーができます。

4時間足や1時間足で包み足が確定しても焦らずに、下位足である15分足や5分足でタイミングをみてエントリーしてくださいね。

ちなみに上のチャートのように15分足のチャートで4時間足を表示させるインジケーターをこの記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

また、今回紹介したFXのはらみ足や包み足ですが、水平線トレードとの相性も良いです。

水平線トレードについては下の記事で詳しく書いてあるので、合わせて見てみてくださいね。

FXの包み足を検知しサインを出すインジケーター「OUTSIDE-BAR-Friends」

過去チャートをみて包み足を見つけることは簡単ですが、トレード中だと値動きに夢中になって忘れてしまっていることも多いでしょう。

そんな時に包み足を検知してくれるツールがあったらな~って思ったことないですか?

そこでFX-friendsが包み足検知ツール「OUTSIDE-BAR-Friends」を開発しました。
ユーロドル4時間足でのチャートに表示させたのが下記になります↓
OUTSIDE-BAR-Friendsを入れたチャート

 

もちろん4時間足以外の全ての時間足で使えます。
最終的にロウソク足が確定しないと包み足か判断できないので◎マークが出た現在足の1つ前の足が包み足となります。つまり、エントリーするなら◎マークの次の足からになります。

◎マークは陽線での包み足が青色、陰線での包み足が赤色となります。
包み足の定義は「FXでの包み足の一般的な定義」で記載した内容で私の解釈と異なります。

◎マークがでて思惑通り動いている部分がありますが、そうでない部分もありますが、ダウ理論が成立している時に逆サインが出た時はスルーした方がよさそうです。

欲しい方は無料で差し上げます。
ここからダウンロードされてください↓
>>OUTSIDE-BAR-Friendsのダウンロードへ

\FXフレンズ開発のサインツール公開/

この度FXフレンズでは、2種類のサインツールをリリース致しました。

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆
億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。
パソコンを見れる時間が少ない方向けに、サインをメール送信できる機能も搭載。

>> サインツール「F15-friends」の詳細と入手方法 <<

◆15分足専用サイン「F15-easy」◆
億トレ監修・たった2年で数億稼いだ手法をロジック化し、分かりやすい移動平均線を用いて超安全パイで高勝率!1日10~20pipsを安定的に獲得します。
サインがでても慌てることなく冷静に判断できるのでサラリーマンの方にもご利用になれるサインツールです。
こちらもサインをメール送信できる機能を搭載。

>> サインツール「F15-easy」の詳細と入手方法 <<

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆
スキャルピングにもデイトレにも使える勝率80%を超えるサインです。
アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。

>> サインツール「F30-hybrid」の詳細と入手方法 <<


FXフレンズ公式メールマガジンのご案内

ホームページには書けない内緒話・メルマガ会員だけの情報・秘密のプレゼント企画など、結構お得な情報を配信中です…

配信システムの都合上、バックナンバーは完全非公開となっております。登録が遅い人は損しちゃうのでご注意くださいw

>> お得なメルマガ登録はココからできます <<


関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。